未分類

日本初の電子タバコブランド「VPjapan」とは?VPMAGIC、VPone、aspireの詳細

投稿日:

現在日本国内では電子タバコの需要が非常に高くなっています。

しかし販売されている電子タバコはそのほとんどが海外からの輸入品となっています。

海外製品ですとニコチンが含まれていたり、化学物質が心配だったりとなにかと信用するのが難しいのが実情です。

ですが、VP japanは【次世代の電子タバコ】を掲げて新しく参入してきた初の国内企業です。

しかも品質重視の日本人に合わせて製品開発をしているとのことなので期待が高まります。

今回はそんな日本初の電子タバコブランド【VP japan】についてまとめてみました。

 

次世代の電子タバコ【VP】とは?

【VP】は従来のタバコのような煙ではなくVAPE(水蒸気)で香りを楽しむアイテムです。

ニコチンを含まないのが特徴で、服に付くような臭いも残りません。

それでいて本物のタバコを吸ったかのようなキック感を味わうことができます。

ニコチンやタールを含んでいないので身体に優しいのはもちろんのこと、副流煙も出ないので家族や周りの人にも迷惑となりません。

従来の電子タバコですと健康被害に関する噂や報道もありますが、VP Japanでは安心してタバコを楽しめるように

様々な工夫がされているようです。具体的にどんな取り組みが行われているのでしょうか。

 

ニコチン毒性0mg

ニコチンが入っている商品と入っていない商品がありますが、同じ生産ラインで製造していると

どうしても微量のニコチンが入ってしまうことがあります。

そこでVP Japanでは生産ラインの管理を徹底して、食品検査も行うことでニコチン含有を0mgにすることを保証しています。

 

食品衛生法に基づく検査済み

海外で製造されているリキッドには日本ではまだ認可されていない食品添加物が入っている場合があります。

しかしVP Japanが開発したリキッドには、全て食品衛生法で認められている成分のみで生産しています。

その他にも吸い口の部分にカドミウムや鉛などの重金属など毒性のものが含まれていないことを証明する食品検査も行っているため、

安心して使用することができます。

 

ACアダプタのPSEマークを取得

海外輸入製品のACアダプタだと、日本の電圧が合わない商品をあります。過電圧になってしまうと故障の原因となったり、

最悪の場合発火などをしてしまうこともあります。

国内企業のVP JapanではPSEマークを取得しているのでそれらの心配をすることなく使用することができます。

保証書も発行しているので、もしも故障した際にも対応してくれるのでありがたいですね。

 

本体は3種類に仕様が発売されています

VPは現在仕様の異なる3タイプが発売されています。それぞれの特徴をまとめてみました。

 

VP MAGIC(ヴィピーマジック)

サイズ 重量 バッテリー 電圧
約直径13×高さ172mm 約60g 650mAh 可変電圧式:3.3V、3.8V、4.3V、4.8V

大きさは男性の手ぐらいの大きさですね、少し長いようにも感じますが重量が60gと軽量なのでそこまでわずらわしくはなさそうです。

バッテリーは650mAhなので、使用方法にもよりますが大体電源を入れた状態(吸える状態)で6時間程度はもちます。

電圧は可変電圧式となっています。電圧を変えることにより蒸気の量を4段階で調整することができます。

その時の気分によって蒸気の量が変えられるのは嬉しいですね。

本体カラーは

・シルバー

・ブラック

・ワインレッド

の3タイプから選べます。値段は本体価格9,800円と従来の電子タバコと比べると高価ですが、

国内生産で品質が保証されているのを考えると悪くはないと思います。

 

VP ONE(ヴィピーワン)

サイズ 重量 バッテリー 電圧
約直径14×高さ138mm 約36g 650mAh 電圧変更不可

サイズはヴィピーマジックと比べるとやや小型、そして重量も36gと軽量となっているので女性の手でもフィットしそうなサイズですね。

バッテリーのもちはヴィピーマジックと同程度です。ただし電圧の変更ができなくなっているので蒸気の量は固定となっています。

本体カラーは

・シルバー

・ゴールド

・ダークグレー

・ブラック

・ワインレッド

の5タイプです。ヴィピーマジックよりカラーバリエーションが増えていますね。

金額は本体価格2,800円となっています。やや小型の作りなのと、蒸気の量を調整することができないので

お手軽な価格設定といったところでしょうか、初めての人や手の小さい女性などはこちらから試してみるといいかもしれません。

 

aspire(アスパイアー)

アスパイアーはプレミアムとスターターとの2タイプに分かれています。

 

プレミアムキット

サイズ 重量 バッテリー 電圧
約直径17×高さ177mm 約100g 1000mAh 可変電圧式:3.3V、3.8V、4.3V、4.8V

アスパイアープレミアムキットはこれまで紹介したVPの中で最も大きく、そして重量も重くなっています。

本体もカーボンボディなので落ち着いた大人のような印象です。

バッテリーは1000mAhなのでバッテリーのもちは使用状態で10時間といったところ。

可変電圧式なのでヴィピーマジックと同じように4段階での蒸気量調整ができるようになっています。

本体カラーは1種類のみです。

カーボンボディがいい味を出してますね。金額は本体価格1,7000円と一番高くなっています。公式HPには

孤高の高級感を演出するカーボンボディ。

上級者だけが愉しめる極上の味わい。

違いの分かる大人だけに向けた逸品は、

他の電子タバコを試してからお使いください。

と書いてあります。最初にプレミアムを購入するのは敷居が高そうですね。

 

スターターキット

サイズ 重量 バッテリー 電圧
約直径15×高さ165mm 約100g 900mAh 電圧変更不可

スターターキットはプレミアムキットと比べると少しだけ小さくなっています。

バッテリーも900mAhなのでやや小さくなっていますがバッテリーのもちは1時間程度しか変わらないのでそこまで気にならないでしょう。

プレミアムと一番違うポイントは電圧です。コチラは変更ができないので蒸気の量が固定となります。

本体カラーはプレミアムと同じく

カーボンボディです。本体価格は12,000円とプレミアムと比べると安くはなっていますが、

やはり最初に購入するのは違う種類からのほうがいいかもしれません。

 

リキッドは選べる4種類


現在VPのリキッドは全部で4種類発売されています。

・メンソール味

・チョコレート味

・コーラ味

・コーヒー味

です。自分の好みや気分に合わせて楽しむことができます。

 

VP Japanまとめ

いかがだったでしょうか?以上がVP Japanの紹介になります。

日本の企業だからこそ品質にこだわった製品ですね。健康に関する気遣いをしつつ

それでいて従来のたばこのようなキック感も味わえるというまさに次世代の電子タバコです。

 

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-未分類

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.