EFOS(イーフォス)

アイコスの類似品のおすすめは?イーフォス・アイバディ・アイスモーク

投稿日:

 

 

紙巻きたばこによる健康被害や受動喫煙など、様々な問題が世間をにぎわせています。

その結果、紙巻きたばこを制限する動きが強くなってきました。

喫煙スペースは限られてきましたし、飲食店でも全席禁煙が多くなっています。そんな中、急速に電子たばこが普及してきました。

 

中でもアイコスは日本国内の9割のシェアを握っていると言われています。

喫煙者であればアイコスを知らない人はいないのではないかというくらい、知名度は高いものです。

そしてアイコスの普及に伴い、アイコスの類似品も多数登場するようになりました。

 

類似品と聞くと、アイコスの真似をした粗悪品のように思われるかもしれません。

しかし類似品は互換機とも呼ばれ、アイコスのヒートスティックを使える電子たばこです。

さらにアイコスの欠点をうまく解消しており、アイコスよりも使いやすいと言われるほどです。

今回はアイコスの類似品は多数ありますが、それらの特徴をご紹介していきます。

 

 

アイコスの類似品って何があるの?

 

アイコス 類似品 イーフォス・アイバディ・アイスモーク

 

アイコスの類似品は、すでに数が多くあります。

そして今でも新しい機種がどんどん登場しているので、今後も増えていくことでしょう。

そんな中でも、現在人気が高いのが、

  • EFOS(イーフォス)
  • iBuddy(アイバディ)
  • iSMOKE(アイスモーク)

です。

 

これら3つの特徴を紹介して来ますが、まずこの3つには共通した特徴があります。

それは一体型であるということです。

アイコスの最大の欠点とも言われているのが、使う度に必要となる充電です。

 

1本吸い終わっては充電チャージャーに本体を収め、約4分間待たなければなりません。

しかし類似品の3つは、本体と充電チャージャーが一体になったような構造をしています。

もちろん多少本体を冷やす時間は必要となりますが、いちいち充電をする必要はなく、アイコスよりも使いやすくなっています

 

もちろんこれ以外にも、各電子たばこによって違う特徴がありますので、実際に見ていきましょう。

 

 

イーフォス(efos)の特徴

 

 

まずはイーフォスです。

イーフォスはアイコスの類似品の中でも、かなり使いやすい電子たばことなっています。

まず連続使用ができるという特徴があります。先ほど、類似品でも本体を冷やす時間が必要と書きました。

ところが、このイーフォスに関しては5本のヒートスティックを連続で吸うことができるのです。

紙巻きたばこに近いチェーンスモークが実現可能というわけです。

 

そして機能面でも、独自の特徴を持っています。

それが3D加熱システムと、低温モードと高温モードの切り替え機能です。

3D加熱システムとはブレードを使わない加熱方法。

 

一般的な電子たばこは、スティックにブレードが刺さることで加熱されますが、イーフォスはスティックの周辺から加熱します。

これによって味のムラが少なくなっています。

 

また電子たばこはブレードが破損して故障することも多いですが、当然イーフォスではそういった故障は起こりません

そして低温モードと高温モードの切り替えですが、これはアイコスの類似品の中でもイーフォスだけの機能です。

たばこは加熱温度が高くなるほど刺激が強くなります。

 

そのため温度を切り替えることで、吸い心地を変えることができるのです。

イーフォスには、他の電子たばこにない特徴も持っているため、非常に人気が高い類似品となっています。

 

EFOS(イーフォス)E1を吸ってみたレビュー!味、使い方、販売店舗は?アイコス互換電子タバコ

どこのコンビニで売っているIQOS葉タバコが使える「アイコス互換電子タバコ」が最近、話題になっています。 アイコス互換電子タバコには「アイバディ」「シガレッソ」「ハーブスティックPen」と多くの種類が ...

 

アイバディ(iBuddy)の特徴

 

 

次にアイバディを見てみましょう。

アイバディの特徴は、ブレードと吸引回数にあります。

 

まずブレードについてですが、アイコスのブレードは薄い板状のブレードとなっています。

しかしアイバディのブレードは丸い棒状です。

これによって何が変わるのかというと、加熱具合が変わります。

 

アイコスのような薄いブレードの場合、中心の方が良く加熱され、外側に近づくほど加熱されなくなります。

そのため味のムラが大きくなるのです。

 

しかし丸い棒状のブレードを採用しているアイバディの場合、スティックをまんべんなく加熱できるので、味のムラがアイコスよりも少なくなります。

またスティックが抜けにくくなるというメリットもあります。

ただし、無理にスティックを抜いてしまうと、たばこ葉が本体内部に残ってしまうので注意が必要になります。

 

そしてもう1つの特徴である吸引回数。

アイバディは1回の充電で、ヒートスティック20本分を吸うことができます

スティック1本の吸引回数も16回と、アイコスより2回多く、合計すると320回も吸うことができます。

これがアイバディの強みです。

 

iBuddyアイバディとは?特徴と最安値価格/アイコスとグロー互換電子たばこ/コンビニのヒートスティックが使える?

  コンビニで売っているアイコスの葉たばこが、そのまま使えるiBuddy(アイバディ)という電子たばこが話題になっています。 なぜiBuddy(アイバディ)が人気かというと、アイコスはすぐに ...

 

アイスモーク(iSMOKE)の特徴

 

 

最後はアイスモークの特徴について。

アイスモークの最大の特徴は、なんといっても小型であることでしょう。

ここまで紹介したイーフォスとアイバディは、本体が大きめです。

 

アイコスの本体は細身ではありますが、充電チャージャーが大きめなので、結果的にイーフォスやアイバディと同じです。

しかしアイスモークは、イーフォスやアイバディと同様に一体型でありながら、本体の形状はアイコスホルダーのように細身。

アイコスと類似品の良いとこ取りをした電子たばことなっています。

 

重さも30グラムと軽量なので、ポケットに入れて持ち運ぶのも楽々です。

またブレードはアイバディと同様に丸い棒状ですので、味のムラも少なくなっています

 

iqos互換機のiSMOKE(アイスモーク)とは?アイコスと比較してみた!

    iqos(アイコス)が発売されてから数年経ちますが、今ではたくさんの加熱式たばこが日本に普及しています。 一番初めに加熱式たばこの火付け役になったのがiqos(アイコス)で ...

 

まとめ

アイコスの類似品であるイーフォス、アイバディ、アイスモークの特徴を見ていきました。

同じアイコスの類似品であっても、それぞれ違った特徴を持っています。

【アイコス互換機比較】iBuddy・EFOS・ハーブスティックでオススメはどれ?徹底調査してみた

  発売から既に300万台を超える出荷を記録している加熱式電子たばこの「アイコス」 受動喫煙防止条例など近年のニーズに応えた水蒸気発生のメカニズムが受け、近年稀に見るメガヒットを生み出しまし ...

 

電子たばこの使い方は人によって違うでしょうから、使い方にあった電子たばこを選びたいものです。

どの電子たばこを選ぶか迷ったときは、ぜひ参考にしてみてください。

 

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-EFOS(イーフォス)

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.