cigaresso(シガレッソ)

IQOS互換品シガレッソとアイコスの違いは?どっちが評価高い電子タバコ?

更新日:

値上げや禁煙場所の増加などで、紙巻きたばこを抑えてどんどんと勢いを増している電子タバコ。

日本では加熱式電子タバコが普及しており、特にアイコスやグロー、プルームテックは3大電子タバコとも言われています。

そんな3大電子タバコには、互換品と呼ばれる製品も多く存在します。

アイコスは電子タバコの中でも人気が高いため、非常に多くの互換品があるのです。

そんな中、また新たにアイコスの互換品が登場しました。

その名も「シガレッソ」という電子タバコです。

このシガレッソはどのような特徴を持っており、どのような点がアイコスと違うのでしょうか。

今回はシガレッソとアイコスを比較していきたいと思います。

 

 

・アイコスの特徴

 

シガレッソとアイコスを比較する前に、まずはそれぞれの特徴を見ておきましょう。

まずはアイコスの特徴についてです。

アイコスは充電ケースと本体で構成されています。

本体には加熱する部分や金属製のブレードが付いており、この本体にスティックを差し込むことでスティックが加熱されて、水蒸気が発生します。

これはどの電子タバコでも同様です。

 

しかしアイコスには特徴的なポイントがあります。

それは、使う前に本体を充電ケースで充電しなければいけないということです。

本体と充電ケースそれぞれにバッテリーが内蔵されており、まず事前に充電ケースへ充電をしておき、充電が完了した充電ケースに本体を入れることで本体に充電ができます。

たとえるなら、モバイルバッテリーでスマホを充電するような感覚です。

ただスマホとは大きな違いが2つあります。

 

アイコスとの違い①

まずアイコスの本体に内蔵されているバッテリーは、容量が非常に少ないということです。

スティック1本分のバッテリーしか内蔵されていないため、スティック1本を吸い終わったら充電が必要となります。

スマホで言うと、一度通話するごとに充電しなければならないということです。

 

アイコスとの違い②

そしてもう1つが、充電中は使えないということ。

アイコスの本体を充電するとき、本体を充電ケースに収納することになるため、もちろん充電中は使えません。

喫煙者の中には連続で吸いたいという人もいるため、ここがアイコスのマイナスポイントになっています。

待ち時間を解消するためにアイコスを2台持ちするという人もいるほど。

アイコス発売当初は在庫切れが続出した原因の1つとも言われています。

ただ使い勝手はともかくとして、製品に対する信頼度は高いため、電子タバコの中でも人気が高いのです。

続いてシガレッソの特徴にいってみましょう。

シガレッソの口コミレビューはこちら。

cigaresso(シガレッソ)最安値価格とレビュー評判は?アイコス互換機の値段相場

IQOS互換機が今人気になってきています。 人気の理由はアイコスが故障する時期に差し掛かったからです。 アイコスが発売してからもうすぐ3年が経過しようとしています。 IQOSは何年も持つ電子タバコでは ...

 

・シガレッソの特徴

 

では次にアイコス互換品のシガレッソについて見てみましょう。

シガレッソのようなアイコス互換品は、アイコス用のスティックを使うことができます。

つまりアイコスと同様の味わいを楽しむことができるのです。

そしてシガレッソ最大の特徴は、本体のコンパクトさです。

非常に細身で小型なので、持ち運ぶ際も全く苦になりません。

それでいて性能は非常に高く、1度の吸引時間が6分となっています。

アイコス互換品はシガレッソ以外にもたくさん販売されていますが、6分の吸引時間は今のところアイコス互換品の中で最長です。

さらに370度まで加熱されるので、スティックの味わいをしっかりと感じられるというメリットもあります。

その他にも、LEDで電池残量を表示してくれたり、バイブレーション機能が付いていたりと、小型にもかかわらず不自由なく使える機能が盛りだくさんです。

 

 

・シガレッソとアイコスの違い

 

上記の写真はシガレッソのスターターキットです。

アイコスとシガレッソの特徴をそれぞれ見ていきました。

それではこの2つを比較して、違いを見てみます。

まず違うポイントとしては、アイコスは充電ケースと本体が分離しているのに対して、シガレッソは一体型であるというところです。

この違いによって、様々な違いが生まれます。

 

シガレッソは使い方が違う

アイコスは一度充電ケース自体を充電し、その後本体を充電しなければなりませんが、シガレッソは本体に直接充電ができます。

そのためアイコスはスティック1本ずつしか吸えませんが、シガレッソは連続で吸えます。

シガレッソは満充電で連続11回吸えるので、かなり大きな差がありますね。

ちなみに満充電までにかかる時間ですが、アイコスは約72分に対して、シガレッソは約80分です。

こう見るとシガレッソの方が劣っているように見えますが、アイコスはスティック1本ごとに約3分の本体充電時間が加わるので、シガレッソの方が使いやすいと言えます。

 

シガレッソはサイズが違う

さらにサイズにも大きな違いがあります。

本体だけを見ると、アイコスもシガレッソも似たような形状と大きさになっています。

しかし何度も書いていますが、アイコスには充電ケースもあります。

充電ケースはかなり大きめなので、持ち運ぶことを考えるとシガレッソの方が圧倒的に小さくなります。

 

シガレッソは値段が違う

最後に値段についても見てみます。

アイコスは定価が10,980円であり、販売店舗によっては少し安めで購入できますが、10,000円前後より安くなることはありません。

それに対してシガレッソは7,399円

アイコスと同じスティックが使えるにもかかわらず、この値段というのは、シガレッソの強みと言えるでしょう。

シガレッソの詳しい使用方法はこちら。

アイコス互換品シガレッソ使用方法/楽天で最安値価格で購入してみたレビュー

最近流行っている、アイコス互換品のシガレッソを楽天で最安値購入してみました。 サイズも小さく、使用方法も簡単で気に入っています。 アイコス互換品は種類が多いのでどれを購入するか迷いますよね。 そこでシ ...

 

・どっちが評価高い電子タバコ?

 

アイコスとシガレッソの違いを見ていきました。

ここでどちらの方が評価が高いのかを見てみます。

ここまで比較してきた性能やサイズなどを見ると、シガレッソのほうが優れていることは明らかです。

連続で使用できますし、サイズも圧倒的に小さい。

電子タバコは家で使うよりも、外出先で使うことが多いため、大きな充電ケースを持ち歩いて、いちいち充電しなければいけないアイコスよりも、サッと取り出してすぐに使えるシガレッソの方がスマートです。

さらに値段も安いとくれば、シガレッソの方が評価が高くなるのは当たり前でしょう。

また通販サイトの口コミなどを見てみると、味がアイコスよりもおいしいという意見が見られます。

こういった部分を見ても、無理に高価なアイコスを選ぶよりも、安くて性能の高いシガレッソを選んだ方が良いと言えます。

 

 

・シガレッソ、アイコスまとめ

 

アイコス互換品のシガレッソについて、アイコスとの違いからどちらが評価が高いのかを見ていきました。

互換品の方が、性能が良いと言われることは多いですが、シガレッソは非常に高性能でした。

もちろん中にはアイコスを使いたいという人もいるかもしれません。

それはそれでいいと思うのですが、やはり快適に使いたいのであればシガレッソがおすすめです。

 

   

人気の電子たばこランキング

1位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

2位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近人気なのがビタフルに代表される「ビタミンたばこ」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

3位 シガレッソ(cigaresso)

  • 本体サイズが電子タバコの中で一番小さい
  • 1本の吸引時間が電子タバコの中で一番長い
  • 壊れにくい、スティックのみの一体型
  • デザインがスタイリッシュで人気

アイコス互換品の中でシガレッソは最小のサイズです。

アイコスの様にチャージャーがなく、スティックだけの一体型なので使いやすく、壊れにくいです。

サイズが小さいのに性能が凄いと話題です。

加熱式タバコの中で最長のヒートスティック1本あたり「6分/14パフ」という性能があります。

まだ新発売したばかりで今後の人気が期待できます。

4位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

7位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

8位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

9位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-cigaresso(シガレッソ)

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.