glo(グロー) glo(グロー)の基本知識 味のレビュー評価

glo(グロー)味が薄くなる原因は?吸引時間がアイコスより短い?

更新日:

アイコスやプルームテックなどの3大電子タバコの一角を担うglo(グロー)

本体の形状は紙巻きたばこから遠く離れていますが、使い勝手は非常に良く、多くの電子タバコユーザーから高評価を得ています。

 

そんなglo(グロー)ですが、使っていると味が薄くなるという声が見られます。

また電子タバコの中でも有名なアイコスと比較した場合、吸引時間が短いという声もあります。

今回は、glo(グロー)の味が薄い原因と吸引時間について見ていきます。

 

glo(グロー)味の種類

 glo(グロー)のネオスティックとは?購入方法は?どこで買える?

glo(グロー)にはネオスティックと呼ばれる、細い紙巻きたばこのようなものを使います。

このネオスティックをglo(グロー)本体に差し込むことで、ネオスティックが加熱され、ニコチンとフレーバーの含まれた水蒸気が発生します。

ネオスティックは全部で8種類で、どれも「ケント」の銘柄のものです。

 

glo(グロー)発売当初は「ブライト・タバコ」「フレッシュ・ミックス」「インテスリー・フレッシュ」3種類が発売されました。

そして2017年10月より「スムース・フレッシュ」が新たに追加されました。

同時に宮城限定として「リッチタバコ」「ダークフレッシュ」「スパーク・フレッシュ」「シトラス・フレッシュ」の4種類も追加となったのです。

それぞれの味わいをご紹介します。

 

「ブライト・タバコ」

まず「ブライト・タバコ」ですが、こちらはいわゆるレギュラータイプのスティックです。

香ばしさを感じるフレーバーなので、タバコを楽しみたいという人におすすめです。

 

「フレッシュ・ミックス」

「フレッシュ・ミックス」はメンソール系のスティックです。

爽やかさを感じるメンソールで、刺激はほどほどに押さえつつも、爽快感を得られるフレーバーとなっています。

 

「インテスリー・フレッシュ」

さらに刺激を求めるなら「インテスリー・フレッシュ」です。

こちらはメンソールの刺激をダイレクトに感じられるフレーバーとなっています。

普段からメンソールたばこを吸っている人でも、満足のいく刺激と言えます。

 

「スムース・フレッシュ」

新たに加わった「スムース・フレッシュ」。

こちらは刺激の少ないメンソールで、以前からある「フレッシュ・ミックス」よりもおいしいと感じる人も多いようです。

この2つは、使い比べてみてお気に入りを見つけてください。

ここからは宮城限定フレーバーです。

 

「リッチタバコ」

まずは「リッチタバコ」。

リッチと名の付く通り、深みのあるたばこフレーバーが楽しめます。

その深みは、glo(グロー)のネオスティックで最もたばこに近いと言われるほどです。

 

「ダークフレッシュ」

次に「ダークフレッシュ」です。

名前からフレーバーが想像しにくいですが、こちらもメンソール系のスティックです。

強めのメンソールの刺激に加え、ぶどうのようなフレーバーを感じることができます。

今までは、たばこかメンソールかでしたが、ここに来て女性向けのフレーバーが登場しました。

 

「スパーク・フレッシュ」

男女ともに好まれそうなのが「スパーク・フレッシュ」です。

スパークという名に恥じないくらいの刺激が感じられるフレーバー。

その刺激はメンソールで冷たさを感じるほどです。

さらに刺激に加えて甘さも感じるので、男女ともに使いやすいのではないでしょうか。

 

「シトラス・フレッシュ」

最後は「シトラス・フレッシュ」。

想像通り、レモンの風味とメンソールが組み合わさったフレーバーです。

爽やかさを求めるなら、こちらのフレーバーがおすすめです。

 

glo(グロー)味が薄くなる原因

 

glo(グロー)を使っていると、味が薄くなるという場合があります。

これにはどのような原因があるのでしょうか。

 

まずスティック1本で吸える回数には限界があります。

吸っていくと徐々に味が薄くなるのは当然のことです。

もしスティックを取り換えて、味の濃さが戻るようであれば問題ありません。

問題があるのは、スティックを取り換えても味の濃さが変わらない時です。

この場合は2つの原因が考えられます。

 

グロー故障原因①

まずはクリーニングを怠っている場合です。

ネオスティックには、たばこ葉が含まれています。

それを加熱するとカスが出てきてしまい、glo(グロー)本体に付着します。

またglo(グロー)から発生する煙は、実は水蒸気なのですが、その水滴が本体に付着することもあります。

そうなると加熱がうまくできなくなり、ネオスティックの味が薄くなります。

 

また本体に溜まったカスが過剰に加熱され、焦げ臭さの原因になったり、故障の原因になったりすることもあります。

ですので、glo(グロー)の味が薄いと感じた場合は、まずクリーニングをしてみましょう。

まずglo(グロー)の上部にあるネオスティックの差込口と、底面にある蓋を開けます。

そして付属のブラシをその穴に差し込み、こすっていきます。

最後に本体についた水滴をふき取れば完成です。

長い間クリーニングをしていないと、汚れがブラシだけではなかなか取れないかもしれません。

定期的にクリーニングをしましょう。

 

グロー故障原因②

クリーニングをして味の濃さが戻れば、クリーニングを怠ったことが原因ですが、それでも改善されない場合は故障が疑われます。

故障によってネオスティックがうまく加熱されていないのではないでしょうか。

もともと電子タバコは故障しやすいものです。

もし故障が疑われる場合は、近くのgloショップに持ち込んで相談するか、メーカーに問い合わせてみてください。

交換か買い替えかは、本体の状況などにもよるかと思いますが、何かしらの対応はしてもらえるはずです。

 

 

・グローは吸引時間がアイコスより短い?

 glo(グロー)が東京・大阪にも出店!年内に全国販売・展開予定!?

glo(グロー)ユーザーの声を見てみると、吸引時間がアイコスよりも短いという声が見られます。

これは実際のところ、どうなのでしょうか。

比較してみたいと思います。

 

吸引時間をアイコスと比較すると、アイコスは6分間で加熱が終了するのに対し、glo(グロー)は3分30秒で終了となっています。

たしかにglo(グロー)の方が短いですね。

しかし加熱時間ばかりにこだわってはいけません。

アイコスの場合は、14回吸うことでも加熱が終了します。

ところがglo(グロー)に回数制限はありません。

3分30秒で14回吸うことは簡単なので、実質的にアイコスとglo(グロー)に違いはないということになります。

ただ加熱を始めて、ゆっくりと吸いたいという人であれば、アイコスの方が良いかもしれません。

 

ちなみに1回の充電で、スティックが何本分吸えるかについても比較してみます。

glo(グロー)1回の充電で約30本吸えます。

それに対してアイコスは約20本です。

実質的な時間はアイコスの方が長いですが、吸える本数を見るとglo(グロー)の方が優れています。

 

・グローとアイコスの味比較

 iSMOKE(アイスモーク)の充電方法と時間は?アイコス、グローと比較

glo(グロー)とアイコスについて、味についても比較してみましょう。

実はglo(グロー)とアイコスの味を比較した場合、アイコスの方が味は濃いのです。

ただ、アイコスからglo(グロー)に乗り換えた場合は少し物足りなく感じるかもしれませんが、glo(グロー)を使い続けていると、それほど気にならないのではないでしょうか。

 

またglo(グロー)にはアイコスにないメリットがあります。

最も大きなメリットは、一体型であるということ。

一体型とは、スティックの加熱部分とバッテリーが一体になっているものです。

glo(グロー)の本体が大きめなのは、それが原因です。

アイコスは本体が細身であるものの、本体に搭載されているバッテリーはスティック1本分の容量のものであり、スティック1本吸い終わると、専用の充電ケースで本体を充電しなければなりません。

当然充電中は本体を使えないため、充電が終わるまで待つことになります。

glo(グロー)はいちいち充電する必要がなく、連続で吸うことができます。

チェーンスモーカーの人にとっては嬉しいポイントです。

ただし味の良し悪しについては、どちらが良いというのは一概に言えません。

そもそもglo(グロー)のスティックは「ケント」のものですが、アイコスのスティックは「マルボロ」と銘柄が違います。

 

また用意されているフレーバーも異なり、味の好みも人それぞれであるため、どちらが良いとは言えないのです。

しかし使い勝手で考えるとglo(グロー)の方がおすすめです。

 

・グロー まとめ

 今回はglo(グロー)の味が薄くなるという評判や、アイコスより吸引時間が短いという情報について調べていきました。

まず味が薄くなる原因は、クリーニングを怠っているか故障かです。

まずはクリーニングをしてみて、それでも改善されなければメーカーに相談してください。

そしてアイコスより吸引時間が短いという情報についてですが、こちらは事実ではあるものの、吸引回数などを見てみるとそれほど違いはありませんでした。

また味の良し悪しについては一概に言えないものの、使い勝手はglo(グロー)の方が良いと思います。

glo(グロー)の購入を悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

コンビニで購入できるかの記事はこちら。

電子タバコglo【グロー】コンビニで買える?売っている場所はどこ?

電子タバコのグローがアイコスやプルームテックに先駆けてコンビニでの販売を開始しました。 気になるのはどこのコンビニで買えるのか?うちの近くはグロー売っているのかな?など疑問を解決したいと思います。 コ ...

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近話題なのがビタミンたばこに代表される「ビタフル」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

3位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

4位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

5位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

6位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

7位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

8位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-glo(グロー), glo(グロー)の基本知識, 味のレビュー評価

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.