iqos(アイコス)

アイコスのヤニ汚れが気になる人に使ってほしい互換機【Wand2.8】レビュー/自動クリーニング機能で残りカスとおさらば!

更新日:

アイコス(iqos)の蓋・キャップがちゃんと閉まらない。直す方法。改善・修理

 

アイコスを吸っていて気になるのが「ホルダー内部のヤニ汚れ」

ある程度は清掃すれば取り除けますが、加熱ブレードにこびりついた焦げカスはどうしても綺麗にできない!

 

1~2箱吸ったら掃除をしなくちゃいけないのも面倒ですが、忘れていると汚れが内部で固まってしまいホルダーが浮き上がってチャージャーのフタが閉まらない… なんてことにもなりますよね。

アイコスはホルダーとチャージャーがワンセットになっていますから、フタがしっかりと閉まっていないとホルダーの充電がされず、いざ吸いたいと思って取り出しても赤ランプで困ることが良くあります。

 

こんな不満を解消したアイコス互換機が遂に発売されました!

その名も「Wand(ワンド)2.8

実際に使ってみましたので、使い方とともにレビューをしていきます。

 

Wand2.8とは?性能と特徴

 

Wand2.8はいわゆる「アイコス互換機」と呼ばれるデバイスで、ヒートスティックがそのまま吸えるように設計されています。

どのデバイスもアイコスユーザーの不満を解消すべくつくられた、いわばサードパーティ製品で価格・性能ともに優秀なものばかりです。

【アイコス互換機比較】iBuddy・EFOS・ハーブスティックでオススメはどれ?徹底調査してみた

  発売から既に300万台を超える出荷を記録している加熱式電子たばこの「アイコス」 受動喫煙防止条例など近年のニーズに応えた水蒸気発生のメカニズムが受け、近年稀に見るメガヒットを生み出しまし ...

 

代表的な機能として、

  • ヒートスティックを連続で吸える
  • 一体型で扱いやすい
  • (デバイスによっては)加熱温度切替が可能

といったものが挙げられます。そんな中Wand2.8は他のアイコス互換品とどのような違いがあるのでしょうか?

 

自動クリーニング機能

Wand2.8の特筆すべき機能は、なんといっても「自動クリーニング機能」が付帯されているところで、これは他のデバイスには(今のところ)見当たらない機能です。

フル充電時に使用でき、ヒートスティックを加熱させるよりも高温になることで残りカスを燃やしてくれます。

 

アイコスに代表される加熱式たばこは「低温加熱によってタールなどの有害物質発生を抑制」していますが、これが仇となり本来燃えてなくなってしまうはずの焦げカスが、内部にこびりついてしまいます。

Wand2.8は「自動クリーニング」を搭載しており、アイコスのヤニ汚れによる不満を解消した新しいアイコス互換機です。

 

加熱部分が水洗いできる

ただ、これだけでは匂いや味に敏感な方には不満が残るかもしれません。というのも自動クリーニングだけでは完全に汚れは除去できないからです。

 

Wand2.8はこの問題も解決しています。

 

加熱部分はネジのように回すことで取り外すことができ、また発熱カップも取り出すことができて「そのまま水洗いが可能」です。

 

このようにフタの部分と中に入っているカップが取り出せます。

 

アイコスは新品の状態で吸うと本当に美味しいと感じますが、いくら清掃しても使い古したアイコスだと新品の味は戻ってきません。これは加熱ブレードにこびりついた汚れが原因ですが、構造上完全に汚れを除去できないんですよね。

Wand2.8は加熱部分もジャブジャブ洗うことができますので、いつでも新品同様のフレーバーを味わうことができます。

 

Wand2.8の使い方

それではWand2.8の使い方について見ていきましょう。

操作はボタンひとつのみですが、押すタイミングや回数・長さなどによって機能を使い分けることができます。

  1. 電源オン、オフ:2秒以内に連続3回
  2. 温度モード変更:待機状態で3秒以内に連続5回
  3. 温度モード確認:待機状態で1.5秒以内に連続2回
  4. バッテリー残量:待機状態で0.3秒以上長押し
  5. 自動クリーニング:長押し後3秒以内に連続8回

基本的には簡単操作ですが、2の温度モード変更と5の自動クリーニングはやたらと連打を求めてきます。これは誤作動防止のためなので仕方がないですね。

 

Wand2.8の梱包物

 

中身は一通り揃っています。

  • 綿棒:10本
  • クリーニングブラシ
  • USBケーブル
  • 説明書

他にも発熱カップは別売りもされています。

 

 

Wand2.8の使用レビュー

それでは実際に吸ってみた感想です。

 

起動はかなり早い

 

パワーオンにしてから実際に吸えるようになるまでは約10秒ほどで、グローのように30秒以上待つようなことはありません。

2000mAhの大容量バッテリーなので加熱が終了するまで非常にクイックで好感が持てます

同様のバッテリー容量があるのは、アイコス互換機ではイーフォス(EFOS)ですね。

 

差込口のサイズはちょうどいい

 

3D加熱方式を採用しているので加熱ブレードはありません。ヒートスティックを入れる差込口のサイズが合っていないと緩くなって脱落してしまうことがありますがサイズはピッタリ。

かといってキツイわけでもないので、違和感なく使うことができます。

 

味はマイルド系

 

左がアイコスで吸った後の吸い殻、右がWand2.8のものです。

アイコスはブレード周りだけ黒くなっているのに対し、Wand2.8は全体的に黒くなっているのが分かると思います。均一に加熱されている証拠ですね。

1箱ほど吸ってみましたが味にブレはなく、(低温モードであれば)ドローも弱く、アイコス同等のマイルドさを味わうことができました。

 

 

3種類の加熱モードも試してみましたが、中温モードと高温モードの違いがいまいち分かりづらいのが難点です。

アイコスの味を求めるなら低温モード・紙巻きたばこの味を求めるなら高温モードといった感じです。

 

電源オフまでの時間が短い

Wand2.8は「13回パフ(吸引)または3分30秒で電源オフ」といった設定です。

他のアイコス互換機と比べると短くちょっと物足りなさを感じてしまいますが、そのまま連続して吸うことも出来ます。

 

Wand2.8のメリット・デメリット

使ってみた分かったWand2.8のメリット・デメリットです。

 

Wand2.8のメリット

代表的なメリットは以下の通りです。

  1. 自動クリーニング機能
  2. 発熱カップが水洗いできる
  3. 一体型で連続吸いができる
  4. 3段階の加熱モード搭載

加熱モードに関してはわざわざ3つに分ける必要があったかな?と思いましたが、たまにドローの強いたばこを吸いたい時に良いですね。

 

Wand2.8のデメリット

反対にデメリットは様々な機能を付けたことによって消費バッテリー量が増加した結果、弊害として表れたものばかりです。

  1. パフ回数、時間が短い
  2. フル充電で13本までしか吸えない
  3. 126gと一体型にしては重い

色んな機能が楽しめて良いんですが、詰め込み過ぎた結果このようなデメリットも追加されてしまいました。

重さに関して、アイコスは本体120gですからあまり変わりませんが、他のアイコス互換機が軽すぎるので気になるところではありますね。

 

その他アイコス互換機の特徴

ここまでをまとめると、Wand2.8は

  • クリーニングが容易、新品同様の味を楽しめる
  • 機能を付けすぎたことによるデメリットも

といったところです。アイコスのヤニ汚れで味が落ちるのが嫌な方におすすめのデバイスといえるでしょう。

 

他にもアイコス互換機は色んな種類が出ていますが、特徴を箇条書きにしてみると以下のようになります。

■本体価格を安く抑えたいなら「アイバディ(i Buddy)

■コスパ重視なら「ファイヒット(FyHit CS Pen)

■総合的に高評価のデバイスは「イーフォス(EFOS)

 

今回Wand2.8が登場したことにより「常に綺麗な状態で吸いたいのならWand2.8」ということになるでしょうか。

以上、新しいアイコス互換機「Wand(ワンド)2.8」のレビュー・紹介でした。他にも以下のランキングで紹介していますので参考にしてみてください。

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-iqos(アイコス)

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.