glo(グロー) glo(グロー)のお得情報 glo(グロー)の購入方法 電子タバコ使用方法

glo(グロー)互換品とは?ネオスティックが使える加熱式電子タバコ

更新日:

 

glo(グロー)は仙台限定で販売を開始し、2017年には東京と大阪2大都市にも販売エリアを拡大したことで注目を集めた、加熱式電子タバコ大手3社の1つBAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)から発売されているデバイスです。

加熱式電子タバコの大手と言えば、glo(グロー)の他に、PMI社のIQOS(アイコス)とJT社のPloomTECH(プルームテック)があります。

加熱式電子タバコは「煙が出ない」「有害成分が大幅にカットされた」という宣伝文句もあり、販売開始直後から在庫切れが続出し購入できないという事態に陥りました。

 

販売開始からずいぶんと経った今、発売当初ほどではないもののまだ購入しにくい状態は続いていて、グローに関しては通販で購入される方が多いですね。

2017年11月glo(グロー)の最安値はいくら?電子タバコ通販の楽天、Amazon、ヤフーショッピングを調査!
glo(グロー)の最安値はいくら?電子タバコ通販の楽天、Amazon、ヤフーショッピング!定価との比較!

  2018年の通販の価格、最新情報を更新しました。   クールなどを販売しているブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンが販売する電子タバコのglo(グロー)。 全国販売もさ ...

 

そんな中、大手の加熱式電子タバコの互換品と呼ばれるものが次々に登場し始めましたが、果たしてglo(グロー)にも互換品はあるのでしょうか。

グローの性能と互換品に求める機能、発売日などについて調査をしてみました。

 

 

glo(グロー)の性能、使い方

 

互換品の前にglo(グロー)の性能について見てきたいと思います。

glo(グロー)は一体型と呼ばれるタイプの加熱式電子タバコです。というのもネオスティックを差し込む部分、つまりネオスティックの加熱部分とバッテリーが一体になっているのです。

 

IQOS(アイコス)と比較するとわかりやすいのですが、IQOS(アイコス)の場合はスティックの加熱部分とバッテリーが別になっています。

 

もちろんスティックを加熱するためのバッテリー(ホルダー部)は備わっていますが、スティック1本だけしか吸えない容量のバッテリーです。

そのためスティックを1本吸っては、本体を充電してというのを繰り返さなければなりません。

 

ではglo(グロー)はどうかというと、スティックを1本吸い終わっても、スティックを取り換えるだけで次を楽しめます。

ロスタイムがないので連続して吸うことができます。

 

これがglo(グロー)の大きな特徴といえます。

 

またスティックを加熱するためのブレードがないこともglo(グロー)の強みですね。

IQOS(アイコス)にはスティック差込口に金属ブレードがあり、それがスティックに刺さることで加熱していきます。

ところがこれが味にムラが発生する原因となっており、うまく刺すことができないとスカスカした吸い応えになってしまいます。

 

glo(グロー)はスティックの周囲から加熱する方式なので、まんべんなく加熱でき、味のムラが少なくなるというメリットがあるのです。

 

そしてglo(グロー)で使えるネオスティックはKENT(ケント)のもので、味は8種類あります。

コンビニでも購入できますが、肝心のglo(グロー)本体はほとんどのコンビニで在庫切れになっています。

glo(グロー)の味、全種類ネオスティックごとに比較!コンビニで購入できる?

glo(グロー)は本体にネオスティックと呼ばれるものを差し込んで使用します。 アイコスではヒートスティックと呼ばれています。 このネオスティックにはタバコの葉やフィルターが組み込まれており、従来のタバ ...

 

glo(グロー)互換品とは?

 

そんな在庫切れが多いglo(グロー)の互換品はあるのでしょうか。またそもそも互換品とはなんなのでしょうか。

 

加熱式電子タバコにはスティックを使用します。しかしそれぞれの加熱式電子タバコ間で互換性はありません。

たとえばglo(グロー)のスティックはglo(グロー)の本体で使えますが、IQOS(アイコス)の本体では使えないというような感じ。

スティックは長さや太さがそれぞれ違うため、正規の本体を使わないと喫煙できないわけです。

 

ところが互換品は、そういったスティックを使うことができます。

つまりglo(グロー)互換品であれば、glo(グロー)のスティックが使えるということ。本体がなかなか買えないため、互換品の存在は非常にありがたいものです。

 

ではglo(グロー)の互換品は販売されているのでしょうか。

 

残念ながら、今のところは販売されていません。しかし販売されるのではないかという噂は出ているのです。

いつ発売されるのか見ていきましょう。

 

glo(グロー)互換品が販売されるのはいつ?

 

glo(グロー)互換品が販売されるのではないかと言われているのは、2018年の夏です。

EFOS(イーフォス)シリーズとして、「スモトク」から発売されるのではないかと言われています。

EFOS(イーフォス)とはIQOS(アイコス)の互換品であり、IQOS(アイコス)のスティックが使える加熱式電子タバコです。

 

またデメリットが多いIQOS(アイコス)のデメリットをうまく解消した製品としても注目されています。

もしglo(グロー)互換品がEFOS(イーフォス)シリーズとして発売されたら、非常に良い製品になる可能性が高くなるということです。

 

glo(グロー)が吸えるデバイスは無いの?

グロー専用の互換品自体はまだ発売されておりませんが、専用のものでなくとも吸うことができるデバイスはあります。

グローのネオスティックが吸える互換機はあるの?代用できる機械の調査レビュー

最近アイコスのヒートスティックが吸える互換機を多数見かけるようになりました。 アイコス屋さんでもアイコス互換機に関する情報を追いかけており、最新機種「イーフォス(EFOS)」などのレビューや使い方など ...

 

ハーブスティックはもともとシャグ(タバコ葉)を詰めて加熱・吸引する機械として発売されているのでグローに限らずアイコスや通常の紙巻タバコも吸うことができ、コストパフォーマンスの高いデバイスとして高評価を受けています。

 

「グローが壊れた(涙」という方はこの際検討してみるのも良いですね。

 

 

glo(グロー)互換品の性能予想

アイコスプルームテック受動喫煙禁止法

 

ここでglo(グロー)の互換品が発売された場合、どのような性能になるのかを予想していきたいと思います。あくまでも予想ですので、「こんな製品になったらいいな」程度で楽しんでいただければ幸いです。

 

まず基本はEFOS(イーフォス)に近くなるのではないかと思います。

もともとEFOS(イーフォス)はglo(グロー)と同じ一体型の加熱式電子タバコです。そのため形も非常に近いものがあります。

そうなれば、glo(グロー)のスティックが刺さるような設計にするだけで完成するのではないでしょうか。

 

特に連続使用ができるというのは、glo(グロー)の互換品になっても変わらないはず

EFOS(イーフォス)は5本連続で吸えるのですが、これはアイコスユーザーの不満(1回使用ごとに充電をする必要がある)を解消するために開発されたものです。

もともとグローは連続で吸うことができるので、このメリットは無くさないでしょう。

 

それからスティック差込口の深さは気になるところ。

というのもEFOS(イーフォス)のスティック差込口は浅く作られておりクリーニングがしやすくなっていました。

しかしglo(グロー)のスティックは、IQOS(アイコス)のものよりも長くなっています。差込口は深くなるかと思いますが、クリーニングのしやすさは残してもらいたいところです。

 

またEFOS(イーフォス)には独自の機能として、低温モードと高温モードの切り替えができるようになっていました。

温度を切り替えることで風味が変わり、気分に合わせて切り替えることができるということで、紙巻きタバコのユーザーの満足度も高い機能でした。

この機能は、glo(グロー)の互換品になっても受け継がれるのではないかと考えています。

 

↓グローの情報の全てを徹底解説↓

glo(グロー)の使用方法や味の種類・グッズ等全てをまとめ
glo(グロー)の使用方法や味の種類・グッズ等全てをまとめ

  3大加熱式たばこと言われているアイコス・プルームテック・グローがありましたが、glo(グロー)は一番後に発売されました。 グローの発祥地は、宮城県仙台市。2016年12月に仙台市限定で発 ...

 

glo互換品 まとめ

今回はglo(グロー)の互換品について見ていきました。

 

まだ明確な情報がなく、噂程度の情報しか掲載できませんが、すでにIQOS(アイコス)の互換品が出ているため、近いうちに販売開始されるのではないかと思います。

また性能もEFOS(イーフォス)のように、本家のglo(グロー)を超えるものになっていくのではないでしょうか。

 

今から夏が楽しみになってしまいますね。

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-glo(グロー), glo(グロー)のお得情報, glo(グロー)の購入方法, 電子タバコ使用方法

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.