EFOS(イーフォス)

アイコスよりも小さいefos(イーフォス)サイズ・大きさ・重さ比較

更新日:

写真は私が購入した左がアイバディ、右がイーフォスです。

IQOS(アイコス)を筆頭に日本でも広まってきた加熱式タバコですが、今や本家のアイコスよりも互換品であるefos(イーフォス)やiBuddy(アイバディ)に注目が集まっています。

なぜアイコス互換品の方が注目されているのか。

それはアイコス互換品の方がアイコスよりも性能が良いからです。

さらにアイコス互換品は、性能だけでなくサイズの面でもアイコスより優れています。

そこで今回はアイコスと、互換品であるイーフォス、アイバディ、そして参考として全く別の加熱式タバコであるPloomTECH(プルームテック)の4機種でサイズ重さなどを比較していきます。

 

・efos(イーフォス)のサイズは?

まずはアイコス互換品の中でも最新の機種であるイーフォスについて見ていきましょう。

イーフォスのサイズは、縦が103ミリ、横が47.5ミリ、厚さが24ミリとなっています。

丸みを帯びた形が特徴で、非常に持ちやすくなっています。

また実際にイーフォスを使った人は、思っていたよりも本体サイズが小さく、使いやすかったという意見を持っているようです。

イーフォスのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色であるため、写真で見ると大きく見えがちですが、数値で見てみると意外にも小さいことがわかります。

 

・iBuddy(アイバディ)のサイズは?

次にイーフォスと同様のアイコス互換品であるアイバディのサイズを見てみます。

アイバディのサイズは、縦が79.5ミリ、横が46ミリ、厚さが25.5ミリとなっています。

また重さは約70.5グラムです。

イーフォスと比べると縦が約20ミリ短くなります。

横のサイズと厚さに関しては、それほど変わりません。

ただしアイバディは本体の表面が丸みを帯びており、平坦な部分が底面くらいしかありません。

本体を立てて置く場合は起きやすいですが、本体を倒してテーブルなどに置くと、安定しなくなります。

またサイズが小さいことに加え、アイバディ全体の作りも相まって、少し玩具っぽい印象も出てしまいます。

 

・IQOS(アイコス)のサイズは?

では本家であるアイコスのサイズを見てみましょう。

アイコスのサイズは、縦が111ミリ、横が50ミリ、厚さが15ミリです。

重さに関しては約120グラムとなっています。

イーフォスと比べると一回り位大きくなります。

ただしアイコスのサイズは充電ケースのサイズであり、スティックを差し込む本体は細長い形状となっています。

本体だけで比較すれば、互換品を含めた3機種の中でアイコスがダントツで小さくなります。

アイコスのスティックが使える加熱式タバコで、最も紙巻きタバコに近い形で使えるのはアイコスといえます。

ただアイコスはスティック1本吸い終わるごとに、本体を充電ケースで充電しなければなりません。

充電ケースを持ち歩かなければ、外出先でアイコスを使えないということです。

結局は大きな充電ケースを持ち歩かなければならないのであれば、イーフォスやアイバディの方が良いといえるでしょう。

 

・PloomTECH(プルームテック)のサイズは?

プルームテックのメリット・デメリットは?普通のたばこの違いを比較!

参考までにプルームテックのサイズについても見てみます。

しかしプルームテックのサイズは、はっきりと表示しにくくなっています。

というのもプルームテックの本体は、紙巻きタバコと同じような形状であるため、計測が難しいのです。

ただサイズ感としては紙巻きタバコくらいのサイズであり、充電器は手のひらサイズとなっています。

重さはわずか17グラム。

また本体と充電器を持ち運べるキャリーケースが付属していますが、このキャリーケースはタバコの箱を少し小さくしたサイズです。

イーフォス、アイバディ、アイコスと比較する必要性もないほどの小ささではありますが、参考までに比較しました。

より紙巻きタバコに近い形で喫煙を楽しみたいのであれば、プルームテックを使うのが良いでしょう。

 

・比較まとめ

イーフォス、アイバディ、アイコス、そしてプルームテックの3機種をサイズの面から比較してみました。

まずアイコスのスティックが使える3機種のサイズについては「アイバディ<イーフォス<アイコス」という結果になりました。

ただしアイバディとイーフォスは本体とバッテリーが一体になっているため、本体を持った状態で喫煙をすることになります。

つまり本体がそこそこ大きくなければ、持ちにくくなるということです。

そう考えると単に小さいだけではなく、高さや厚さもあるイーフォスが使いやすくなるのではないかと思います。

また比較対象としてプルームテックも取り上げました。

サイズだけでみれば、プルームテックが圧倒的に小さいのですが、プルームテックにはプルームテック専用のカプセルを使う必要があります。

つまりイーフォス、アイバディ、アイコスの3機種とプルームテックでは、楽しめる味が異なるということです。

今回はサイズに焦点を置いて比較しましたが、加熱式タバコはサイズばかりではなく味の良し悪しについても比較することで、よりお気に入りの加熱式タバコが選べるのではないかと思います。

   

人気の電子たばこランキング

1位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

2位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近人気なのがビタフルに代表される「ビタミンたばこ」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

3位 シガレッソ(cigaresso)

  • 本体サイズが電子タバコの中で一番小さい
  • 1本の吸引時間が電子タバコの中で一番長い
  • 壊れにくい、スティックのみの一体型
  • デザインがスタイリッシュで人気

アイコス互換品の中でシガレッソは最小のサイズです。

アイコスの様にチャージャーがなく、スティックだけの一体型なので使いやすく、壊れにくいです。

サイズが小さいのに性能が凄いと話題です。

加熱式タバコの中で最長のヒートスティック1本あたり「6分/14パフ」という性能があります。

まだ新発売したばかりで今後の人気が期待できます。

4位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

7位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

8位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

9位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-EFOS(イーフォス)

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.