EFOS(イーフォス) iBuddy(アイバディ)

efos(イーフォス)って臭い?!匂いはどう?アイコスとIQOS互換機アイバディと比較

更新日:

有害物質が出にくいなど、紙巻きタバコのデメリットをうまく解消している電子タバコ。

喫煙場所が制限されるなど、喫煙に対する考え方が変わっていっている日本において、新たな喫煙具として広まり始めています。

そして電子タバコは喫煙者ばかりにメリットがあるわけではありません。

電子タバコは火を使わず、煙が発生しません。

そのためタバコ独特の嫌な香りがせず、非喫煙者に迷惑が掛からないというメリットもあるのです。

しかし、いくら香りのしない電子タバコといっても、全くの無臭というわけにはいきません。

タバコ葉を含んだスティックを使っている以上は、多少の臭いもしてしまいます。

そしてその匂いの強さは、使う電子タバコによっても違います。

今回はアイコス、アイバディ、イーフォスという、同じタバコスティックを使う電子タバコで、匂いが違うのかを比較してみます。

 

・アイコスとefos(イーフォス)どっちが臭い?

まずアイコスとイーフォスの臭いの違いを見てみましょう。

これは体感になりますが、アイコスとイーフォスでは、それほど臭いに違いはありません。

また臭いといっても、アイコスとイーフォスの両者とも、タバコの臭いのような不快なものではありません。

さすがに周囲の人に、アイコスやアイバディを吸っていることを隠せないと思いますが、周囲に迷惑がかかるような臭いは発生しないと考えて良いでしょう。

 

・efos(イーフォス)とアイバディどっちが臭い?

次にアイコス互換品のアイバディとイーフォスで比較してみます。

こちらも体感になりますが、イーフォスよりもアイバディの方が強い臭いを感じます。

アイバディの場合は、焦げ臭さを感じるため、人によっては不快に思う人もいるかもしれません。

ただし紙巻きタバコと比較すれば、アイバディもそれほど強い臭いではないでしょう。

この結果から、臭いの強さは「イーフォス=アイコス<アイバディ」と言えます。

ただしあくまでも体感であり、臭いに敏感な人は少し違う感想を抱くかもしれません。

 

・加熱方法によって匂いが変わる?

左がアイコスの吸い殻。右がイーフォスの吸い殻です。

冒頭でも書きましたが、イーフォス、アイコス、アイバディの3つは、全てアイコス専用のスティックを使います。

つまり条件は同じはずです。

にもかかわらず、なぜこれほど臭いに差ができるのでしょうか。

臭いに違いが出るのは、加熱方法が違うことが原因といえます。

アイコスは薄い金属のブレードがスティックに刺さることで、そこから加熱しています。

アイバディは丸い棒状のブレードがスティックに刺さることで、そこから加熱しています。

イーフォスはブレードを使わず、360度全方位からスティックを加熱する、3D加熱システムが採用されています。

実は、このように加熱方法が大きく異なっているのです。

イーフォスの場合はスティックをまんべんなく加熱するので、スティックの一部が焦げてしまうということがなく、強い臭いを発生しません。

アイコスとアイバディは、ブレードの近くから加熱されるため、加熱具合に偏りができてしまい、一部が焦げてしまいます。

またアイコスは薄い板状のブレードを使っているのに対し、アイバディは丸い棒状のブレードが使われているため、アイバディの方が焦げる範囲が広くなり、結果的に臭いが強くなると考えられます。

気になるイーフォスの味に関してはこちら。

efos(イーフォス)高温モードの味は?低温モード切替操作方法

アイコスと互換性を持っていることが特徴の「efos(イーフォス)」。 しかしイーフォスの特徴はそれだけではありません。 イーフォスには、スティックを加熱する温度を変える機能「高温モード、低温モード」が ...

 

・まとめ

イーフォス、アイコス、アイバディの臭いの違いを見てみました。

あまり強い臭いを発したくないという人は、イーフォスかアイコスを購入することをおすすめします。

しかしアイコスはなかなか手に入れられないため、互換品であるイーフォスがおすすめです。

またイーフォスは強い臭いを発しないだけでなく、まんべんなく加熱することで味のムラもなくしています。

ぜひイーフォスをお試しください。

   

人気の電子たばこランキング

1位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近話題なのがビタミンたばこに代表される「ビタフル」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

2位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

3位 シガレッソ(cigaresso)

  • 本体サイズが電子タバコの中で一番小さい
  • 1本の吸引時間が電子タバコの中で一番長い
  • 壊れにくい、スティックのみの一体型
  • デザインがスタイリッシュで人気

アイコス互換品の中でシガレッソは最小のサイズです。

アイコスの様にチャージャーがなく、スティックだけの一体型なので使いやすく、壊れにくいです。

サイズが小さいのに性能が凄いと話題です。

加熱式タバコの中で最長のヒートスティック1本あたり「6分/14パフ」という性能があります。

まだ新発売したばかりで今後の人気が期待できます。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

7位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

8位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

9位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-EFOS(イーフォス), iBuddy(アイバディ)
-

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.