EFOS(イーフォス)

イーフォスEFOSクリーニング方法は?掃除の仕方!注意点をまとめてみた     

投稿日:

新たな電子タバコとして、徐々に話題になりつつあるEFOS(イーフォス)

まだそれほど多くの情報は出回っていないものの、イーフォスを取り扱うサイトは増えてきていますし、YouTubeでも紹介されるようになってきています。

イーフォスの火付け役は人気ユーチューバーのラファエルさんです。

ラファエルさんのイーフォス紹介動画はこちら

 

そんなイーフォスですが、やはり電子タバコなので定期的なクリーニングが必要となります。

アイコスと形が違うので掃除方法も変わります。

今回はイーフォスのクリーニング方法について見ていきましょう。

 

EFOS(イーフォス)のクリーニング方法は?

電子タバコは紙巻きタバコよりも経済的ではありますが、紙巻きタバコには必要のないクリーニングを必要とします。

そのため電子タバコへの乗り換えを迷っているという人も多いかもしれません。

しかしイーフォスの場合は、他の電子タバコよりもクリーニングが簡単です。

クリーニング方法は、スティックの差込口に綿棒を差し込み、差込口の内部をふき取るだけです。

綿棒でのふき取りが終わったら、差込口の内部を確認します。

もし汚れが残っているようであれば、再度綿棒で拭き取ったり、本体をひっくり返して汚れを落としたりしてください。

これでイーフォスを常に快適に使えるはずです。

ただしイーフォスをクリーニングする際には注意点があります。

それは水を使わないということです。

イーフォスには、耐水機能が付いているわけではないため、水を使ってしまうと故障の原因になります。

綿棒に水分を含ませてクリーニングした場合も故障する可能性があるため、控えるようにしてください。

このように水分を使うことなく、簡単にクリーニングができるイーフォスですが、なぜこれほどクリーニングが簡単なのでしょうか。

それはイーフォスの加熱システムにあります。

イーフォスでは3D加熱システムという独自システムが採用されています。

一般的な電子タバコでは、金属製のブレードを使って加熱しますが、イーフォスではブレードを使いません。

そのためスティックから出る黒いチリが、本体内部に散らばりにくくなり、クリーニングも簡単になっているのです。

 

クリーニングしないとどうなるの?

イーフォスは本体内部が汚れにくくなっていますが、クリーニングを怠ってはいけません。

もしイーフォスのクリーニングをしなかった場合、どんな問題が発生するのでしょうか。

まず考えられるのは風味の変化です。

スティックのカスなどは溜まりにくくなっていますが、クリーニングをせずに使っていれば、それなりにカスは溜まってしまいます。

溜まったカスは本体内で加熱され続けることになるので、焦げ臭さを発生させてしまうでしょう。

またそのせいでスティックがうまく加熱できずに、美味しく吸えないということにもなりかねません。

また汚れをそのままにしておくと、本体の故障につながる恐れもあります。

EFOSのクリーニングはアイコスやプルームテックより短時間でできるので、定期的に行いましょう。

気になるイーフォスの口コミ評判はこちら。

電子タバコefos(イーフォス)口コミ評価は?iqos(アイコス)互換/販売店/特徴/使い方/充電/味

  全国のコンビニで販売しているアイコスのヒートスティックがそのまま吸える、アイコス互換電子タバコefos(イーフォス)が販売開始しました。 efos(イーフォス)はその丸みを帯びた可愛らし ...

 

アイコス・アイバディのクリーニング方法と比較

ではイーフォスのクリーニング方法がいかに簡単かを、アイコスとアイバディのクリーニング方法を例に、比較していきましょう。

まずアイコスのクリーニング方法です。

アイコスには自動加熱クリーニングという機能が搭載されており、さらにクリーニングブラシ、専用綿棒が付属しています。

まず充電ケースについては、自動加熱クリーニングでクリーニングができます。

そして本体ですが、まず付属のブラシで汚れを落とします。

一通り汚れが落ちたら、専用の綿棒で仕上げをして完成です。

手順だけを書くと簡単なように思えますが、ブラシを使ってクリーニングをする際、汚れの塊が散らばってしまうことがあります。

そのため気を使いながらクリーニングしなければなりません。

またアイコスには加熱用のブレードが付いていますが、クリーニングの際にブレードが折れてしまうことがあります。

こちらも注意しなければなりません。

次にアイバディのクリーニング方法です。

アイバディとは、イーフォス同様にアイコスと互換性を持った電子タバコです。

このアイバディのクリーニング方法は、スティックの差込口にホルダーが付いているので、そのホルダーを取り外して水洗いします。

そして本体内部は綿棒などでクリーニングします。

ただし内部は狭く、一般的な綿棒では届かないため、細めの綿棒を用意しなければなりません

比較するとアイバディもクリーニングしやすくなっていますが、やはりイーフォスほど簡単にはクリーニングできません。

アイコス互換機の事がいまいちわからない方はこちらの記事をどうぞ。

【アイコス互換機比較】iBuddy・EFOS・ハーブスティックでオススメはどれ?徹底調査してみた

  発売から既に300万台を超える出荷を記録している加熱式電子たばこの「アイコス」 受動喫煙防止条例など近年のニーズに応えた水蒸気発生のメカニズムが受け、近年稀に見るメガヒットを生み出しまし ...

 

イーフォスクリーニング まとめ

イーフォスのクリーニング方法について見ていきました。

イーフォスには専用のクリーニングキットが付属していませんが、綿棒さえあれば簡単にクリーニングできます。

またアイコスやアイバディほど複雑ではないため、クリーニングを行いやすいでしょう。

イーフォスを使う際には、美味しく快適に使うためにも、クリーニングを怠らないようにしましょう。

イーフォスの評判を見ていると「マズイ!」なんて口コミを見ますがちゃんと加熱しきったイーフォスは普通に美味しいです。

イーフォスが不味いと言っている方は加熱しきってないヒートスティックを吸っています。

イーフォスボタンライトが点滅→点灯になったら加熱完了ですが、一口目はまだ加熱しきってないので二口目から味を楽しむようにしましょう。

私はイーフォスを使い始めて1か月経ちますが、今ではアイコスをサブにしてイーフォスをメインにしています。

高性能に満足していますので皆さんも一度は「万能加熱式電子タバコEFOS E1」を試してみてください。

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-EFOS(イーフォス)
-

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.