iBuddy(アイバディ)

ibuddy(アイバディ)も受動喫煙防止法の対象に?室内で吸えないの?

更新日:

電子タバコibuddy(アイバディ)などは受動喫煙防止法の対象になるのかまとめました。

受動喫煙防止法は公布から3年以内に施行されるといわれていて、オリンピックを見据えてのことなので近いうちに施行される可能性が高いです。

色々争点となっていて飲食店や居酒屋、ラーメン店も規制対象となるようです。

飲食店は喫煙専用室の設置が可能で、小規模のバーやスナックは規制対象外です。

居酒屋などではお客が減るなど懸念が出ていて法案の可決や実地も進んでないの現状です。

アメリカの研究機関のデータでは全面禁煙で売り上げが落ちることはなかったという前例もあります。

すえる場所と吸えない場所の区分けは、敷地内禁煙と屋内禁煙、喫煙室設置可の屋内禁煙の3つの段階が想定されています。

飲食店などは喫煙室設置可の屋内禁煙になります。

受動喫煙が与える健康被害は?

 

受動喫煙は吸っている人ではなく、周りで煙を吸った人にさまざまな健康被害をもたらします。

毎年世界で60万人が亡くなっているといわれていて、日本でもこれが原因で発症する肺がんと心筋梗塞だけでも年間約6,800人が亡くなっています。

タバコを吸っていると肺がんのリスクが約4倍から5倍高くなりますが、タバコを吸わない同居者も肺がんのリスクが高まります。

タバコを吸わない妻に喫煙する夫がいると、吸わない夫がいる妻と比べて肺がんになるリスクが約2倍高くなります。

また、家庭や職場などで受動喫煙にさらされていると血圧が上昇する傾向にあり、収縮期血圧が4mmHg上昇することがわかっています。

これは心臓や血管の負担になります。

ibuddy(アイバディ)は対象になるのか?

ibuddy(アイバディ)は電気加熱式タバコで火を使わずに、タバコ葉由来の水蒸気を発生させてそれを吸って楽しみます。

タバコ葉を燃やさないのでタールや一酸化炭素などの有害物質は大幅にカットされて煙が出ない、臭いがしないとされていますが受動喫煙防止法の規制対象になる可能性があります。

その理由に電気加熱式タバコが発売されてから日が浅くて、水蒸気が非喫煙者の体にどのように影響を与えるかはっきりとわかっていないためです。

ニコチンは紙巻タバコよりは少ないですが、含まれているためここがポイントとなりそうです。

各自治地帯では路上喫煙防止条例を施行していて、電気加熱式タバコは指定された喫煙場所以外では捨てはいけない自治体や、条例の対象外となっている自治体など見解もわかれています。

 

まとめ

2020年のオリンピックに向けて「受動喫煙防止法」が争論されています。

飲食店など全て禁煙となるのかや、喫煙室を設置して喫煙できるスペースを設置したりと色々な対策と方法などが提案されていますがまだ確定されていません。

ただ、数年のうちには施行されるのは確実といえます。

受動喫煙は周囲の人に色々な健康被害を与えることがわかっているため、海外でも飲食店などで全面禁煙にしている国は少なくありません。

ibuddy(アイバディ)は、電気加熱式タバコなので煙も出ず、臭いなどもなく健康被害も少ないとされていますが、ニコチンは含まれているため規制対象になる可能性もあります。

現時点でも指定された場所以外の喫煙は認めてない自治体もあるので、今後の研究によって変わってくるかもしれません。

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.