iBuddy(アイバディ) iqos(アイコス) アイコスのヒートスティック

ibuddy(アイバディ)のヒートスティックはどのゴミで出す?不燃ごみ?資源ごみ?

更新日:

喫煙に対する規制が厳しくなる中、市場を拡大しているのが電子タバコです。

電子タバコには、専用のスティックなどを使いますが、これらはどのように捨てればよいのか悩みどころです。

最近注目を集め始めているibuddy(アイバディ)ではヒートスティックを使いますが、このヒートスティックの捨て方で悩んでいる人もいるようです。

今回はアイバディのヒートスティックの捨て方を見ていきます。

またヒートスティックの危険性についてもご紹介します。

・ibuddy(アイバディ)のヒートスティックはどのゴミで出す?

まずアイバディのヒートスティックについてですが、実はアイバディにはアイコスのヒートスティックを使います。

つまりヒートスティックの捨て方はアイバディとアイコスで共通ということになります。

ではこのヒートスティックをどのように捨てるかということですが、ヒートスティックがどのような作りになっているのかを見てみましょう。

アイバディのヒートスティックは、タバコ葉とフィルターで構成されています。

そのため従来の紙巻きタバコと、ほとんど変わらない作りになっているのです。

ですので、アイバディのヒートスティックを捨てる際には、タバコの吸い殻と同様に水などで濡らしたのちに袋に入れて可燃ゴミに出せば問題ありません。

しかしここで疑問を持った方もいるかもしれません。

アイバディをはじめとした電子タバコは、火を使いません。

そうであるにもかかわらず、ヒートスティックを水につける必要はあるのでしょうか。

アイバディのヒートスティックは、吸い終わった後も火はついていません。

しかし温度は非常に高くなります。

そのためそのまま袋に入れると、袋を溶かしてしまうことがあります。

また油の付いたティッシュなどと同じ袋に入れてしまうと、発火する危険性もあるのです。

こういった万が一のことを避けるためにも、火は使いませんが、一度水につけてから捨てることをおすすめします。

 

・まとめ

電子タバコの最大の特徴は、火を使わないことです。

そのため吸い終わったヒートスティックを、そのままゴミ箱に捨てる人も少なくないようです。

しかし今回紹介したように、吸い終わった直後のヒートスティックは非常に高温になっており、場合によっては発火する危険性があります。

またヒートスティックをそのままゴミ箱に捨てることで、子供や赤ちゃんの誤飲を誘発することも考えられます。

そのためいくら電子タバコといっても、通常のタバコと同様に、灰皿に捨てるようにし、処分する前には水につけてから可燃ゴミで出しましょう。

話題のグローのネオスティックにも同じことが言えます。

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

3位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

4位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

5位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

6位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

7位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-iBuddy(アイバディ), iqos(アイコス), アイコスのヒートスティック

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.