タール・ニコチン0 リキッド式の基本知識

リキッド式電子タバコのアトマイザー(カトマイザー)とは何?クリーニングの方法は?

更新日:

リキッド式電子たばこの使い方・使用方法は?アイコスと違いを比較!

一般的なリキッド式電子たばこ(vape)には、消耗品であるリキッド、アトマイザー、バッテリーを接続した本体部分があります。

それぞれ分解できるものが多く、これからvapeを始めようという方には「良く分からない」ことが多いですね。

今回はこのアトマイザーとカトマイザーと呼ばれるものについて調べてみましたのでどうぞご覧ください。

リキッド式電子たばこのメリット・デメリットは?普通の葉たばことの違い・比較は?

  pepecyb / Pixabay   みなさんは電子たばこにどのようなイメージをお持ちでしょうか? 近年メジャーになってきたアイコスなどの加熱式たばこやPloom techの ...

アトマイザーとは?

アトマイザーとは?リキッド式電子タバコ

アトマイザーはリキッドと呼ばれる液体を温めて蒸気にする部品の総称です。

基本はアトマイザーとはこれだけで説明できるのですが、いろいろな機能がついた種類があります。

 

最もシンプルなものはリキッドを加熱するコイルと吸い口がついているものが基本形です。

ただし、このようなタイプではリキッドを貯めることができず、どちらかというと味を追求する玄人向けです。

 

一般に販売されているものはリキッドをほとんどリキッドを貯めておくタンクがついている初心者向けのアトマイザーが多いです。

補充の手間を考えるとタンクの容量はある程度あったほうが使いやすいですね。

初心者向けにはEMILI LIGHT(エミリ ライト)というリキッド式電子タバコが一番人気です。

 

電子タバコエミリ評価最安値
電子タバコEMILI(エミリ)の評価口コミは?使い方、害はある?アトマイザーリキッド説明

楽天ランキングで常に上位の電子タバコEMILI(エミリ)。 一体どういった電子タバコなのでしょうか。 アイコスやプルームテックなどのヒートスティック電子タバコとは違います。 EMILI(エミリ)はリキ ...

 

 

 

カトマイザーとの違いは?呼び名がなんで違うの?

それではカトマイザーとは一体なんなんでしょうか?

歴史的にはvapeの進化や改良の過程で初期のアトマイザーのリキッドを貯められないまたは一体となっていないという欠点を改良したものがカトマイザーです。

カトマイザー自体はアトマイザーの一種なので、実際にはどちらの呼び方も混じって使われています。

 

ひとえにリキッドを貯めておくことができるといっても、コットンに少量貯められるものや、タンクのように多くためられるものがあったりとさらに細かく分かれています。

いずれの方式であってもタンクの容量がml(ミリリットル)で示されているので用途に合わせて選ぶとよいと思います。

 

初心者向けのものはほとんどカトマイザーなので、初心者向けのものはほとんどこれから始めるような方にとっては特に意識する必要ありません。

使い勝手からいうとリキッド容量の大きいものが補充の手間が減りますので使いやすいですが、その分大きくなるので用途に合わせて選択するとよいでしょう。

リキッド式電子たばこの使い方・使用方法は?アイコスと違いを比較!
リキッド式電子たばこの使い方・使用方法は?アイコスと違いを比較!

  https://e-cigar.uk.com/   喫煙所などでよく見かけるようになってきたライターを使わないタイプのたばこ。 有名な「iQOS(アイコス)」や「ploom t ...

 

また、タンクの材質がプラスチックの場合は、メンソールや酸味のあるリキッドで変質する為、ガラス製のカトマイザーの方が長持ちします。

 

初心者向けのスターターキットはカトマイザーが付属しているのであまり気にせずスターターキットで始めてみるのが無難だと思います。

アトマイザーのクリーニング方法

アトマイザー(カトマイザー)はリキッドを気化させるという性質上、汚れや焦げがアトマイザー内に蓄積していきます。

この汚れや焦げが蒸気(ミスト)を発生させる能力の劣化や、味に雑味が混じることになるので定期的にクリーニングすると美味しく吸うことができます。

 

アトマイザーは取り外しできるものが多いので、アトマイザー単体はそのまま水やお湯で洗うことができます。

注意したいのはバッテリー部分は水に弱いので、洗浄するのはアトマイザーのみとしましょう。

アトマイザーのみ取り外せるものは、取り外してからクリーニングするとよいでしょう。

 

アトマイザーは種類にもよりますが各部位が分解できるものが多いので、できるだけ細かく分解して汚れをぬるま湯で洗い流してから熱湯にしばらく漬けておきます。

そのあとしっかり乾燥させれば十分ですが、衛生面が気になる場合はエタノールに漬けてから乾燥させるとよいでしょう。

エタノールは消毒用のものがドラッグストアで市販されていますのでそれをアトマイザーが浸るぐらいに漬けて乾燥させると殺菌できますので安心です。

 

 

まとめ

アトマイザーをクリーニングする頻度は1週間から2週間に一度が目安と言われています。

焦げ臭い感じやイガイガしてきたらコイルが劣化していますのでクリーニングと同時に取り換えるといいです。

この交換時期は正確に意識しなくても味が変わってきたと感じたタイミングで行えば快適に使用できるでしょう。

最近のリキッド式電子タバコ業界ではJMEIのリキッド式電子タバコがスタイリッシュでカッコいいと評判になっています。

 

   

人気の電子たばこランキング

1位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

2位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近話題なのがビタミンたばこに代表される「ビタフル」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

3位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

4位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

ビタフルは充電なしですが、シーテックは充電ありです。

5位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

6位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

7位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

8位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。

-タール・ニコチン0, リキッド式の基本知識
-,

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.