ビタミンタバコが今アイコスより人気です!

【ビタフル】味と評判はこちら

cigaresso(シガレッソ) EFOS(イーフォス) iBuddy(アイバディ) iSMOKE(アイスモーク) その他の電子タバコ 味のレビュー評価 電子タバコ使用方法

電子タバコおすすめ人気ランキング【2018年保存版】

更新日:

iSMOKE(アイスモーク)の充電方法と時間は?アイコス、グローと比較

紙巻きタバコが値上がりし、さらには受動喫煙の危険性から禁煙となる飲食店などが増えてきており、喫煙者はどんどんと肩身が狭くなってきています。

そんな中登場したのが電子タバコです。

電子タバコは火を使わないため、紙巻きタバコと比べて有害物質の発生が抑えられています。

また煙も発生しないので、受動喫煙の危険性も最小限に食い止められるのです。

もちろん禁煙の場所で堂々と吸っていいわけではありませんが、紙巻きタバコよりも使いやすいでしょう。

そのため多くの喫煙者が、電子タバコに乗り換えています。

 

iSMOKE(アイスモーク)の販売購入店舗は?通販?コンビニ?公式サイト?

そういった現状の中で、電子タバコメーカーも様々な機器を発売しています。

中には既存のアイコスやグロー、プルームテックと互換性を持ったものもあり、その数は非常に多くなっています。

今から電子タバコを始めようとした場合、その数の多さに驚くかもしれませんね。

今回は数ある電子タバコの中でもおすすめのものを、ランキング形式でご紹介します。

 

1位 イーフォス

 

1位はイーフォスです。

こちらはアイコスの互換品であり、アイコスのヒートスティックを使えます。

そうなると本家のアイコスの方が良いのではないかと思われるでしょう。

しかしこのイーフォスは、アイコスのデメリットを見事に解消しているのです。

たとえばアイコスは連続使用ができません。

ヒートスティックを1本吸うごとに本体の充電が必要となり、その間は使うことができません。

本体の充電は数分程度で終わりますが、ユーザーにとってはストレスになります。

これは本体とチャージャーが分離しているために起こるのです。

しかしイーフォスは一体型となっており、連続でヒートスティック5本分が吸えます。

これだけでも、かなりイーフォスは魅力的ですが、それに加えて3D加熱システムや温度調整機能がついています。

3D加熱システムとは、金属ブレードを使わずにスティックの周囲から加熱するものです。

そのため味のムラが出にくく、中でスティックのカスが散らばりにくいため、クリーニングも楽になります。

そして温度調整機能は、低温モードと高温モードがあり、切り替えることで味わいを変えることができるのです。

「刺激が欲しい時は高温モード」など、気分に合わせて使うことができます。

このようにイーフォスには、アイコスのデメリットを解消したうえで、様々な特別な機能が付いています。

そのため1位となりました。

 

2位 ビタフル

 

2位はビタフルです。

電子タバコとは少し異なりますが、こちらもかなりおすすめです。

まずビタフルにはニコチンやタールなどが一切含まれていません。

そして含まれている成分は、16種類もの健康成分です

タバコは健康に悪いものですが、このビタフルは見事に真逆の存在なのです。

また電子タバコは、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ると、故障の原因にもなってしまいます。

しかしこのビタフルは、1本使い捨てとなっているので、使い終わったらそのまま処分できます。

これもまた使いやすさのポイントと言えるでしょう。

ニコチンやタールが含まれていないため、喫煙者には満足感が少ないかもしれません。

しかし口寂しい時などに簡単に吸えるので、紙巻きタバコ数回に1回をビタフルに変えることで減煙ができます。

また紙巻きタバコを1位のイーフォスなどに変え、ビタフルと複合的に使うことで、さらに有害物質の摂取が抑えられます。

もちろん非喫煙者でも、リラックスしたい時などに安心して使えます。

 

3位 シガレッソ

 

3位はシガレッソです。

こちらもイーフォスと同様に、アイコスの互換品となっています。

また一体型なので、連続使用も可能となっています。

しかしこのシガレッソは、他の電子タバコにはない特徴を持っています。

それは一体型なのにコンパクトであるということ。

イーフォスをはじめ、一体型の電子タバコは本体が大きめです。

これは大容量バッテリーを一体にしているため、仕方のない部分ではあります。

しかしシガレッソは一体型とは思えないほど小型なのです。

重さにすると約38グラム。

持ち運びも楽々です。

しかし小型でありながらも、ヒートスティック1本を、6分間もしくは14回吸えます。

これは互換品の電子タバコの中でも最長です。

シガレッソは発売したばかりですが、それでも3位に入りました。

今後さらに上位を目指せる電子タバコではないかと思います。

 

4位 スムースビップ

 

 

4位はスムースビップです。

こちらも一風変わった電子タバコとなっています。

1位のイーフォスや3位のシガレッソは、アイコスの互換品なのでスティックを使う電子タバコです。

しかしこちらのスムースビップは、スティックではなくリキッドを使用します。

海外では人気の高いリキッドタイプの電子タバコが、日本でも注目を集め始めたのです。

このスムースビップの特徴は、ニコチンやタールが含まれていないことです。

タバコにはタバコ葉が使われているためタールやニコチンが発生しますが、リキッドにはタバコ葉が使われていません。

そのため安心して使えるのです。

スムースビップの使い方・充電方法は?アトマイザーやコイルの洗浄・交換は?

またコスパが高いのも魅力的です。

紙巻きタバコはもちろん、電子タバコもスティックの購入にお金がかかります。

スムースビップのリキッドにもお金はかかりますが、1本で1,000円程度。

リキッド1本で約1カ月使えるので、月々にかかる費用は、紙巻きタバコとは比べ物にならないくらい安くなりますよね。

本体も、必要なものが全て揃ったスターターキットが2,678円。

スターターキットに加えてリキッドとアトマイザーが1本ずつ付属したWEB限定版は2,950円と、非常に始めやすくなっています。

スムースビップを皮切りに、日本でもリキッドタイプの電子タバコが人気になっていくのではないでしょうか。

 

5位 アイバディ

 

5位はアイコスの互換品の1つであるアイバディです。

アイコスの互換品が登場し始めた初期に発売されたアイバディ。

アイコスのヒートスティックが連続で吸えるという魅力が、多くのユーザーの注目を集めました。

今でこそ、連続使用が当たり前の互換品はたくさん出てきているので、5位という結果になりましたが、アイバディのメリットはまだかすんではいません。

アイバディはアイコスのように板状のブレードを使っておらず、丸い棒状のブレードを使っています。

そのためヒートスティックをまんべんなく加熱でき、アイコスよりも味のムラが少なくなっています。

またまんべんなく加熱できることで、ヒートスティック1本を16回吸えます。

アイコスは14回ですし、3位のシガレッソも14回です。

回数の面だけで言えば、アイバディは非常に強いのです。

 

・電子タバコおすすめ人気ランキングまとめ

ここまで5つの電子タバコを、ランキング形式でご紹介しました。

1位はアイコスのデメリットを解消し、温度調整機能など他の電子タバコにはない機能を持ったイーフォスとなりました。

2位以下にも、ニコチンやタールが含まれていないビタフルやスムースビップ、小型のシガレッソなどが入りました。

それぞれ違った特徴を持っているので、人によって好みがわかれるところではあるかもしれません。

しかし電子タバコ選びに迷った場合は、今回のランキングを参考にしてみてくださいね。

 

   

人気の電子たばこランキング

1位 イーフォス イーワン(EFOS E1)

  • 5本まで連続喫煙可能
  • 2000mAh大容量バッテリー
  • 使いやすい一体型タイプ
  • 低温と高温の加熱モード
  • 3D加熱システム採用

イーフォスは「アイコスユーザーの不満を解消した互換デバイス」として2017年末に発売を開始しました。

グローのような一体型デバイスを採用し、ホルダーの充電時間を必要とせず最大5本連続でヒートスティックの吸引が可能です。

また、3D加熱方式により「ヒートスティック全体が均一に加熱」されるので、まろやかで風味のある味わいを楽しめます。

2位 吸うビタミン ビタフル(VITAFUL)

  • 始めやすい使い捨てタイプ
  • 選べる12種類のフレーバー
  • ビタミン・プラセンタが摂れる
  • 16種類の健康成分配合

加熱式タバコは紙巻きたばこに比べてタールなどの有害物質が抑制されているものの、それでも体内への悪影響が無くなるわけではありません。

そんな状況で最近人気なのがビタフルに代表される「ビタミンたばこ」です。

ニコチン・タールは一切含まれておらず、ビタミンやプラセンタ、コラーゲンなどの健康成分が16種類も配合されています。

また選べる12種類のフレーバーは、部屋に良い香りを残してくれるのでアロマ効果も期待できます。

3位 スムースビップ【SmoothVIP】

  • 値段が安い
  • タールニコチン0で禁煙におすすめ
  • 専用フレーバーが7種類もある
  • 使い方が簡単!初心者におすすめ

吸うアロマとして横山剣さんがCMを担当するなどかなり話題のリキッド式電子タバコです。

ニコチンとタールがゼロなので健康に害はありません。

スムースビップ専用のフレーバーは7種類もあってどれも味が美味しいと評判です。

価格はスターターキットが2950円と他の電子タバコより格段に安く使いやすい商品となっています。

4位 アイバディ アイワン(i Buddy i1)

  • 片手で楽々、コンパクトなデザイン
  • 壊れにくい一体型デバイス
  • シンプルな設計で掃除も簡単
  • 楽天電子タバコランキング1位(2017年9月)
  • 価格が安い

イーフォス同様にアイコスの不満を改善した互換機として2017年9月に発売、以降爆発的なヒットを続けています。

機能はやや劣るものの発売当初からは価格も下がっており、コストパーフォマンスが非常に良いデバイスです。

5位 アイスモーク【i SMOKE】

  • 互換機最軽量の30g
  • ホルダー独立型のシンプル構造
  • 小型なのにフル充電で13本吸引可能
  • 安心の1年保証サービスあり

一見するとアイコスホルダーのように見えますがれっきとした互換機で「これだけで充電⇒喫煙が可能」です。

互換機最軽量の30g(アイコスは120g)でありながら連続喫煙が可能で、しかもフル充電で13本まで吸うことができます。

これだけ小さければYシャツの胸ポケットなどにもしまっておけますね。

また別料金となりますが1年間の安心保証サービスを受けることができ、支払った金額は次回以降にそのまま同額の割引を受けることができます。

6位 ビタミンたばこ【C-tec】

  • カートリッジ式でいつでも清潔
  • USB充電できるのでコスパ良好
  • 安心の植物由来成分配合
  • ニコチン・タール・副流煙なし

ビタフル同様に「吸うビタミン」にカテゴライズされる電子たばこです。

7種類のフレーバーから選ぶことができ、一番人気はタバコにより近い味のクリスタルメンソール。

先端のカートリッジを付け替えるだけで色んな味を楽しむことができ、またいつでも清潔に吸えるのが良いですね。

7位 ファイヒット シーエス ペン(FyHit CS Pen)

  • 連続喫煙可能
  • 加熱温度調整機能搭載
  • バイブレーション機能
  • 電池残量通知機能

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

8位 ワンド(Wand)2.8

  • 自動クリーニング機能
  • 加熱部分が水洗いできる
  • 一体型デバイス
  • 3段階の加熱モード搭載

ハーブスティックはヒートスティックや紅茶の葉をアトマイザー内に詰めて加熱し吸引するモデルで人気の高いデバイスですが、ついに「アイコス専用のハーブスティック」が登場しました。

アイコスのホルダーを大きくしたような作りで、重厚感があるデザインが人気です。

また加熱温度も3段階調節が可能なので、様々な風味を楽しむことができます。

 

※タバコは20歳からです。マナーを守って禁煙・節煙をしましょう。


-cigaresso(シガレッソ), EFOS(イーフォス), iBuddy(アイバディ), iSMOKE(アイスモーク), その他の電子タバコ, 味のレビュー評価, 電子タバコ使用方法

Copyright© アイコス屋さん , 2018 All Rights Reserved.