iBuddy(アイバディ)

iqos(アイコス)の味が薄いと感じたらibuddy(アイバディ)がおすすめ?

更新日:

iqos(アイコス)という加熱式タバコが人気があり、現在では本体を購入すること自体困難な状態にあります。

そんな中、同じヒートスティックを使うことのできる電子タバコとしてibuddy(アイバディ)という名称の電子タバコが販売されています。

互換性を持った電子タバコになり、現在ではインターネットの通販を中心にして人気が出ています。

ibuddy(アイバディ)の場合では本家のiqos(アイコス)よりも吸った際に「味が濃い」と感じることが多いとされています。

ibuddy(アイバディ)の味はなぜ濃く感じるのか?

その理由については加熱方法が違ったり、吸いやすい形状が整っていることやダイレクトに加熱式タバコを吸引できる構造になっていることなどを挙げることができるので、本家のアイコスよりも使用感の優れたオススメ品として人気があります。

アイバディとアイコスの加熱方法の違い

iqos(アイコス)の加熱方法に関しては、下部のプレート部分から徐々に加熱していく方式になります。

互換性を持ったibuddy(アイバディ)の方では針状に仕上がっていることから、全体を一気に加熱することができる方式です。

この方法によって本家アイコスよりもibuddy(アイバディ)の方が過熱方法が上手くできていると判断することができるので、スティックを利用して実際に吸った場合ではタバコ本来持っている吸引した後の風味なども上手く堪能することができます。

加熱方法に関しては加熱式タバコの場合では重要な要素になるので、少しでも納得できる味の加熱式タバコを実感したい方の場合、やはりibuddy(アイバディ)の利用が推奨できます。

 

アイバディは臭いが強い?

iqos(アイコス)が熱い!熱くなる原因は?故障?対処方法は?

ibuddy(アイバディ)はiqos(アイコス)の互換性を持った商品になりますが、この類の商品の場合では実際には本家アイコスの方が優れていると想定している方が多い傾向にあります。

しかし、ibuddy(アイバディ)の場合では他の商品とは別格と判断することもでき、加熱方式が異なる仕様になるのでムラが出にくい傾向にあります。

その結果として利用をしていると臭いを強く感じることができるので、スティックの持っている能力を十分に発揮させることに向いている機器として使えます。

タバコ本来の持ち味である臭いを堪能することができ、尚且つ有害物質を大きく軽減することができる商品になるので本家で満足できなかった方でもibuddy(アイバディ)を使うと納得できるタバコライフを送れます。

 

まとめ

ibuddy(アイバディ)は本家商品よりも優れた構造を持っていることが特徴です。

スティックを上手く加熱することができるので、特に吸い始めなどに優れた性能を発揮させることができます。

本家アイコスの場合では加熱する際にムラが出来てしまうことでも知られているのですが、ibuddy(アイバディ)の場合ではこのような不具合を全て解消しています。

何より連続して吸うことを可能にしていて、本体一つだけを持ち歩くことにより、スティックを使い続けることができるので、この点に大きなメリットを感じることもできます。

本体価格も安く提供されている商品になるので既に本家商品を使っている方や、これから加熱式タバコを利用したいと考えている全ての方にオススメの商品になります。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.