iBuddy(アイバディ)

ibuddy(アイバディ)は歯にヤニ汚れの黄ばみは出る?改善方法は?

更新日:

電子タバコibuddy(アイバディ)は歯にヤニ汚れの黄ばみは出るのかまとめました。

そもそもタバコはなぜ歯ヤニ汚れや黄ばみが出るのでしょうか。

タバコを吸っている歯ヤニ汚れや黄ばみが出てきます。

ヤニはタールという物質から出来ていてタールは脂っぽい液体でガソリンのように真っ黒です。

それがタバコに含まれていて喫煙をすると歯に真っ黒なタールが薄まった濃い黄色のような色が歯につきます。

症状が酷いと蓄積しすぎてタールの黒がそのままの真っ黒な歯になります。

その色素のことをヤニと一般的に呼んでいて、タバコそのものをそう呼ぶこともあるため使い分けに注意が必要です。

飲食物によっても歯に着色汚れがつきますが、ヘビースモーカーだと年にコップ1杯のタールを飲んでいるといわれていて、着色力がかなり強く、着色に弱い歯はすぐに黄ばんでしまいます。

よくヘビースモーカーの人は内臓が真っ黒だったり、ある程度コーティングしていても部屋の壁が黄色くなりますが、これからもヤニの怖さがわかります。

ibuddy(アイバディ)を吸っても歯汚れしづらい理由

タバコを吸って歯にヤニ汚れがついたり黄ばむのはタールが原因で、タールはタバコの葉を燃やすときに発生する物質です。

強い臭いと黄色い色素を持っていてこれが歯に付着してヤニ汚れや黄ばみになります。

ibuddy(アイバディ)はタバコの葉を含んでいますが、火を使って燃やすのではなく電気で加熱します。

そのためタールは殆ど発生しません。

ibuddy(アイバディ)などの電子タバコが臭いや健康的な被害が抑えられるのもタールが発生しないためで、ibuddy(アイバディ)を吸っても歯にヤニ汚れや黄ばみなどの汚れがつきにくいです。

ただ、必ずしも絶対に歯が汚れないわけではありません。

タールは発生しませんがタバコの葉を使っているので微量のタールは発生します。

長期間使い続けていくと歯が汚れてくる可能瀬もあります。

数年使った程度では歯が黄ばんだりするほどのタールは発生しないので、タバコほど心配する必要はないといえます。

 

黄ばんだ歯の改善方法

ibuddy(アイバディ)は、ヤニで歯が汚れたりする可能性は低いですが、それでも気になる場合があります。

そんなときにはホワイトニングが一番効果的です。

サロンや歯医者でもホワイトニングが出来ますが1回で30分から40分かかり、高額の予約や通院の手間がかかります。

そこでおすすめなのがホワイトニング専用の歯磨き粉です。

 

これだと1回が約4分のホワイト二ングで大丈夫です。

神経に作用することもなく事前に虫歯を完治させることもありません。

歯形をとってマウスピースを作成する手間もかかりません。

スマホから電源が取れるので、どこでも手軽にホワイトニングが出来ます。

歯医者のホワイトニングは特殊な薬剤を使っていて歯がしみることもありますが、DR.WHITEだと歯の汚れを自然に浮かせて白くするので歯の表面を溶かすことなく痛みもありません。

 

まとめ

一般的なタバコは火を使うためタールが発生し、そのタールが歯に付着することで歯が黄ばんできたりヤニ汚れになったりします。

しかもタールは様々な健康を害する物質を含んでいます。

ibuddy(アイバディ)は火を使わず電気で燃やすため、嫌な煙も出ませんしタールも発生しません。

そのため歯の黄ばみやヤニ汚れなどの心配もありません。

ただ、完全に発生してないわけではないため長年使い続けていくと歯が汚れてくる可能性はあります。

そんなときには、手軽に自宅で行えるホワイトニングがおすすめです。

DR.WHITE用 液体歯みがき4本だと1回が数分で終わり、強い溶剤を使っていないため痛みもなく安心です。

しかもスマホから電源が取れるのでどこでもホワイトニングが出来ます。

アイバディと似ている一体型電子タバコgloも安くておすすめです。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.