iBuddy(アイバディ)

ibuddy(アイバディ)のタール含有量は?通常の葉タバコとの違い・比較を検証!

更新日:

ibuddy(アイバディ)のタール含有量についてまとめました。

そもそもタールとはどんなものなのでしょうか?身体にどんな影響があるのでしょうか。

通常の葉タバコは火を点けるので、煙を大量に放出する事になります。

しかもその煙を吸って体内に入れた後に吐き出すので、その煙に含まれている有害な物質まで体内に取り込んでしまうので注意が必要です。

タバコの煙に含まれる身体に有害な物質の代表例として問題視されているのが、タールだったりします。

タールには発癌性物質が含まれているので、葉タバコを吸ってタールを体内に摂取し続けていると癌になるリスクが高まってしまうので注意しなければなりません。

しかも葉タバコに含まれるタールの健康被害は、タバコを吸っている本人だけではなかったりします。

煙を周囲にまき散らす事で、何時も傍にいる家族や友人にもタールによる害を及ぼしてしまうので厄介です。

ibuddy(アイバディ)のタール含有量は?

葉タバコの煙は不快な強い臭いを放つだけでなく、発癌性物質であるタールも含んでいるので健康を考えれば止める事をおすすめします。

もっともタバコというのは止めたくても止められない習慣の代表格なので、上手く禁煙出来ない人が多いです。

禁煙したくても実現出来ない人は、葉タバコをそのまま吸い続けるのではなくibuddy(アイバディ)の様な電子タバコに変更する事でタバコによる健康被害を抑える事が出来ます。

というのもibuddy(アイバディ)であれば、タールの含有量を1割程度に抑える事が出来るのでタールによる健康被害を避ける事が可能です。

タールというのは基本的に葉っぱを燃やす事により大量に発生しますが、ibuddy(アイバディ)は電子タバコで葉っぱを加熱するだけなのでほとんど発生しません。

 

ibuddy(アイバディ)と通常のタバコのタールを比較

葉タバコには、直に火を点けて吸うのでタールが多く発生してしまいます。

お陰で吸い続ければ吸い続けるだけタールを体内に入れてしまい、癌になる可能性を高めてしまうので注意が必要です。

ibuddy(アイバディ)の様な電子タバコの場合は直に火を点ける訳ではなく、加熱するという方式となっています。

そのため、通常のタバコの様に燃焼によりタールが大量発生する心配はないです。

燃焼せずに加熱する方式であるため、ibuddy(アイバディ)であれば通常のタバコと比較して9割程度タールの発生を抑える事が期待出来ます。

つまり含まれていても1割程度で済むので、タールによる健康被害を避けたいなら直ぐに葉タバコを止めてibuddy(アイバディ)を選択すべきです。

 

まとめ

通常のタバコによる健康被害は本人だけでなく周囲にいる家族や友人、特に小さい子供に強い影響を与えてしまいます。

タールは癌という命に関わる病気の引き金となってしまうので、自分だけでなく周りへの影響を考えれば喫煙の習慣を止める事が1番です。

ですが喫煙は身体に悪いと分かっていても、なかなか止める事は出来ません。

タバコを止めたくても止められない人は、ibuddy(アイバディ)に変更して吸う事をおすすめします。

ibuddy(アイバディ)であれば、蒸気を吸うという形なのでタバコの煙による悪臭被害を大幅に抑える事が可能です。

加えて燃焼させるのではなく加熱する方式なので、タールの発生量を大幅に抑えて健康被害を少なくする事が期待出来ます。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.