iBuddy(アイバディ)

電子タバコibuddy(アイバディ)の口臭は?臭い?非喫煙者(吸っていない人)にバレる?

更新日:

haiberliu / Pixabay

タバコを吸うと口臭が臭くなる原因はなんなのでしょうか?

紙巻きタバコでは、紙と中にある葉っぱを直に燃やすため煙と共に独特の強い臭いを放つ事になります。

しかもかなり強い臭いを発するために、衣類や部屋の壁紙等に臭いが付着してしまいそのまま残ってしまうケースがほとんどです。

同様に強い臭いが歯に付着するので、口臭の原因になってしまいます。

というのも紙巻きタバコの場合は火を点けて燃やすと同時に発生する煙にはニコチンやタールといった有害物質が含まれており、健康を阻害するだけでなく強い臭いが付着してしまうため口臭の原因となるので厄介です。

タバコの煙が付着した衣服を嗅いでみると分かりますがかなり強い臭いを放っており、タバコを吸い続けているとその臭いが口内に定着する事になるの注意しなければなりません。

ibuddy(アイバディ)は口臭はひどくなるの?

紙巻きタバコとは違い、ibuddy(アイバディ)の様な電子タバコは不快な煙を発生させる事はないです。

ただし煙の代わりに蒸気を発生させそれを吸う事になるので、吸い続けていると蒸気に付着した匂いが口臭となる事はあります。

ibuddy(アイバディ)の蒸気には、ニコチンやタールといった有害な物は含まれておらず匂いも甘いお菓子の様な匂いだったりバニラの匂い等不快ではない匂いの物が多いです。

そのため、口内に匂いが定着しても紙巻きタバコの様に不快な口臭が定着するケースは少なかったりします。

匂いにしてもタバコの煙とは違い蒸気なので、煙程にしっかりと口内に残り続ける事はないので口臭の心配をせずに吸い続ける事が可能です。

ibuddy(アイバディ)を吸った後非喫煙者にバレる?

紙巻きタバコの場合、吸った後に髪の毛や衣服等にタバコの煙の強い臭いがしっかりと残っていたりします。

お陰で少し時間が経過しても、タバコが嫌いな非喫煙者には喫煙がバレてしまうケースが多いです。

紙巻きタバコの臭いは強いだけに、こっそり吸うのは難しかったりします。

ibuddy(アイバディ)を吸った場合ですが、蒸気には独特な匂いがあるため吸った直後はその匂いが衣服等に残っている事が少なくないです。

お陰で直後はその匂いで、ibuddy(アイバディ)を吸った事がバレる恐れはあります。

ですがibuddy(アイバディ)の場合、蒸気に付着した香りなので紙巻きタバコの煙の様に強く残る事はないので少し時間を置けば吸った事に気付かれない可能性が高いです。

 

まとめ

紙巻きタバコが厄介なのは、本人だけでなく周囲にも煙の害を及ぼしてしまう事だったりします。

煙による害は健康被害だけでなく、悪臭や口臭という臭いによる害も強いので注意が必要です。

タバコによる害を避けるには止める事が1番ですが止めたくても止められない人は、紙巻きタバコではなくibuddy(アイバディ)に替える事をおすすめします。

ibuddy(アイバディ)は基本的に紙巻きタバコの様にニコチンやタールを含んでいないので、健康被害を大きく抑える事が可能です。

同時に煙ではなく蒸気を発するので臭いや口臭によるトラブルが起き難く、発する匂いもお菓子の様な甘い匂いにする事が出来るので周囲に迷惑を掛けずに済みます。

周囲に迷惑を掛けずに喫煙を続けたいなら、ibuddy(アイバディ)がおすすめです。

同じ一体型のグローという電子タバコも人気が出始めています。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.