iBuddy(アイバディ)

電子タバコibuddyの頭痛の原因は臭い?消し方は?水蒸気の香り?

更新日:

アイコスや、グローアイバディなどの電子タバコを吸っていると頭痛ががする事があります。

普通のタバコで頭痛がするのは分かりますが、タールを9割カットしている電子タバコで頭痛がするのはなぜなのでしょうか。

水蒸気の香りで気持ち悪くもなります。

そこで今回はその原因と解決方法をまとめました。







頭痛の原因

Trandoshan / Pixabay

紙タバコからibuddy(アイバディ)に変えた途端、頭痛が起きるようになった場合様々な原因が考えられますが、中でも一番考えられるのが匂いに対するストレスです。

匂いを好きではないとストレスを感じると先進を安定させるために血液内の血小板からセロトニンが放出されます。

セロトニンは心身の安定や心の安らぎに関わっているホルモンで、分泌が減るとうつ病にかかりやすくなるといわれています。

セロトニンは血管を収縮させる作用があり、そこに留まることなく直ぐに血管外に出ていくためその反動で急に血管が拡張します。

これが脳の血管でおきると血流が急に変わり頭痛を起こします。

匂いのストレスは頭や首、肩の筋肉の緊張も起こすので、これも頭痛の大きな原因になります。

他にも人の体臭や香水、強い香りの柔軟剤や排気ガスなども起き易いです。




 

ニコチンを過剰に摂取している?

ibuddy(アイバディ)で頭痛に悩まされる理由として、もうひとつが水蒸気を思い切り吸い込んでることがあります。

例えばヒートスティックの10本に1本くらいは、ホルダーに上手くささらないことがあります。

他にもしっかりと挿していても水蒸気が上手に吸い込めないこともよくあります。

そうなると無意識に大きく吸い込んでしまい、ニコチンの過剰摂取などで頭痛を起こしたりします。

ヒートスティックを挿しこむ場合、親指で挿しこむ感じで行うことが多いですがこの挿し方が吸い辛くしている原因です。

正しくはキャップ部分を開けてその状態でヒートスティックを差込み、このまま親指で押し込みます。

挿しこむときにヒートスティックの先端に適度な空間あることで、しっかりとした吸い応えを感じられます。

 

まとめ

頭痛を起こす原因は、匂いに対するストレスやニコチンの過剰摂取、そして挿し方が悪いために水蒸気を吸い込みすぎていることなどです。

頭痛を防ぐには細かい手入れなども大切です。

思っている以上にホルダー内にカスが残るので、お手入れをしないと吸引のときに焦げた味がします。

ibuddy(アイバディ)は、一体型でお手入れも楽なのが特徴です。

体調不良や頭痛が起きたりするのは体からのシグナルです。

他にも色々な原因が作用していることもありますし、電子タバコが体にあってないことも考えられます。

不調が出たときにはまずは使うのを中止してみて、少し様子を見るようにするのが良いです。

また、一番良いのは吸わないことで、少しずつ減煙をしていったり、禁煙外来などに相談するのもおすすめです。

この症状は電子タバコグローでも言えます。

グローの現在の最安値ショップはこちら。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.