iBuddy(アイバディ)

ibuddy(アイバディ)の一体型とは?仕組み、構造について

投稿日:

※左がアイバディブラック、右が新型アイコスネイビーの画像です

 

日本でも人気の電子タバコiQOS(アイコス)。

しかし人気が高いために、なかなか買えないという人も続出しているのが現状です。

そんな中、ひそかに注目を集めているのがibuddy(アイバディ)と呼ばれる電子タバコです。

このアイバディは、なんとアイコスと互換性があり、アイコスのヒートスティックを使うことができるのです。

しかしアイバディは、アイコスと違う部分も多くあります。

今回はアイバディの特徴や仕組みなどを、アイコスと比較しながら見ていきましょう。




 

・ibuddy(アイバディ)の一体型とは?

アイバディは一体型という形をとっています。

一体型とはバッテリーや充電機構、ブレードなどが全て本体に収まっており、本体だけで成立するもののことです。

アイバディは本体にヒートスティックを差し込むことで、喫煙ができます。

 

ではアイコスではどうなのかというと、アイコスは本体と充電器が別になっています。

細身の本体を充電器に入れることで、本体に充電がされます。

そして本体を取り出し、ヒートスティックを差し込むことで喫煙ができるようになります。

アイバディは大きめの本体を持って喫煙をすることになりますが、アイコスは通常のタバコに近い形で喫煙ができます。

しかしアイコスは充電器も持ち運ぶ必要があるので、結果的にはあまり変わりません。




 

・ibuddy(アイバディ)の仕組みと構造

アイバディは本体に全てが詰まっています。

本体にはヒートスティックを加熱するためのブレードが組み込まれており、そこにヒートスティックを差し込むことで喫煙ができる状態になります。

アイバディは本体が大きめなので、ブレードは棒状のものが採用されています。

それに対してアイコスは本体が細身なのでブレードは板状です。

これによってヒートスティックの加熱具合が変わります。

アイバディの棒状のブレードの方が、まんべんなくヒートスティックを加熱できるので、味のムラも少なくなるというメリットが生まれます。

またバッテリーも、本体が大きめであるアイバディの方が大容量なのは明らかです。

そのためアイコスよりも長時間吸うことができるのです。

アイバディは一体型であることで、アイコスよりも性能が良くなっているのです。

その他の構造等は詳しく判明していませんが、他の電子タバコと同様と考えても問題ないでしょう。

 

・ibuddyまとめ

アイバディの仕組みなどを見ていきました。

アイバディはアイコスと違って一体型となっています。

それによってブレードの形状やバッテリーの容量などにも違いがあり、アイコスよりも使い勝手が良くなっています。

アイバディはアイコスと互換性があることが最大の特徴ですが、もはやアイコスにも引けを取らない電子タバコといえるでしょう。



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.