iBuddy(アイバディ) その他の電子タバコ

ハーブスティックエコとは?使い方、最安値価格/アイコス互換電子タバコ

更新日:

普通のタバコ葉を水蒸気にして吸える電子タバコHerbstick eco(ハーブスティックエコ)が最近、話題になっています。

ハーブスティックエコは普通のタバコ以外にも紅茶の葉、お茶の葉、アイコスのヒートスティック、グローのネオスティックなどを水蒸気にして吸う事が出来ます。

どんな葉も水蒸気にできるなんて凄いですね。

この万能な性能が噂を呼び、話題になっています。

今回はハーブスティックエコの使い方と最安値をまとめました。




 

ハーブスティックエコとは?

 

ハーブスティックエコはアイコス、グロー、プルームテックと同じ加熱式電子タバコです。

アイコスと違うのは、どんな葉でも水蒸気にして吸ってしまうという事。

さらに温度を6段階調節できるので、味や香りの調節ができます。

同じハーブスティックシリーズとしてアイコス互換機のハーブスティックCS2というものも発売しています。

ハーブスティックCS2とは?特徴と最安値価格/アイコス互換電子タバコ

アイコスの互換機として万能電子タバコのiBuddy(アイバディ)を前回紹介しました。   同じアイコスのヒートスティックが吸える互換機として【ハーブスティックCS2】という電子タバコも人気が ...

続きを見る

 

ハーブスティックエコはデザインもスタイリッシュでカッコよく、ブラックとシルバーが用意されています。

どの様に吸うかというと、シャグと呼ばれるタバコの葉を詰めて加熱します。

さらに葉っぱにリキッドを垂らしても美味しいです。

実際にどう使うか説明をしていきます。

以外に簡単に使えるので電子タバコに慣れてない方にも安心です。




 

ハーブスティックエコの使い方

 

ハーブスティックエコの使い方ですが、まずはシャグ(タバコ葉)を用意します。

シャグはタバコ葉や紅茶の葉を丸めたものです。

丸め方はまずタバコでしたら葉っぱを取り出し、指の腹でグリグリ丸めます。

シャグを用意出来たら、ハーブスティックエコ突起部分のキャップを取り外してその中にシャグを入れます。

 

シャグを入れるときにスターターキットに付いてくるクリーニングナイフで入れていきます。

シャグを入れたらキャップを取り付けて電源を入れます。

タバコの葉の場合はシャグではなく、タバコを1/3に切ったものを入れてもOKです。

 

電源の入れ方は電源ボタンを長押しです。

長押しをしていると、白いランプが点灯しますのでそれで電源が入った状態になりました。

次に好きな温度に変えます。(6段階)

電源ボタンを2度押しすると、上から順に温度を変更できます。

温度によって色が変わります。

  • 水色→169℃
  • 青色→170℃~179℃
  • 緑色→180℃~189℃
  • 紫色→190℃~199℃
  • 黄色→200℃~209℃
  • 赤色→210℃

点滅から点灯に変われば吸えます。

10分間吸えますが、途中で止めたいい場合は電源ボタン長押しで電源OFFになります。

吸い終わったらシャグを入れた部分が熱くなっていますのでしばらく放置します。

冷めたら中に入れたシャグをクリーニングナイフで取り出し掃除をします。

以上がハーブスティックエコの使い方でした。

次にこのハーブスティックエコの最安値を調べていきましょう。

 

気になるハーブスティックエコの評判はこちら。

ハーブスティックエコの評判は?口コミレビュー評価をまとめてみた!

普通のタバコや、紅茶の葉を水蒸気にして吸えると話題の電子タバコ「ハーブスティックエコ」 使い方も簡単で、徐々に人気が出始めていますがまだまだ知名度は低いです。 ハーブスティックエコを購入する前に口コミ ...

続きを見る

 

ハーブスティックエコ最安値は?

大手通販の「Amazon、ヤフーショッピング、楽天」のハーブスティックエコの最安値を調べてみました。

しっかり吸えるためにスターターキットを調べています。

Amazonのハーブスティックエコ最安値は4680円でした。

ヤフーショッピングのハーブスティックエコ最安値は4500円でした。

楽天のハーブスティックエコ最安値は3900円でした。

よって楽天が一番安いという結果になりました。

 



知りたいキーワードを検索!

-iBuddy(アイバディ), その他の電子タバコ

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.