PloomTECH(プルームテック) プルームテックのタバコカプセル

プルームテックのたばこカプセルが余る?電子禁煙パイポで吸える?再利用?

更新日:

プルームテックたばこカプセル

プルームテックのたばこカプセルは、1本で約50パフ分(1パフ=1回吸引)が使用できることになっています。

しかし、カートリッジの方が先に消費されてしまい「たばこカプセルが余っている」という声もとても多いもの。

そのような方が、そのままプルームテックを使い続ければさらにカプセルが余り続けることになってしまいますよね。

そこで余ったたばこカプセルを、再利用して最後まで有効に使い切る方法を調べてみました。




 

プルームテックたばこカプセルとは?

たばこカプセルは「プルームテック専用たばこカプセル」という名称で販売されており、

1セットの内容はリキッドを含んだ「カートリッジ」が1本と、中にたばこ葉が入っている「たばこカプセル」が5本となっています。

このカートリッジ1本とたばこカプセル1本を、充電したバッテリーに装着すると、電源が入った時にカートリッジに含まれているリキッドが、バッテリーの熱で水蒸気化します。

これをたばこカプセルに通すと「たばこベイパー(たばこ葉由来の水蒸気)」に変わるので、それを吸引するという仕組みになっています。

アイコスがリキッドとたばこ葉を混ぜて成型した「ヒートスティック」を直接熱してたばこベイパーを得るのと比べると、やや複雑な構造となっています。

しかしその分メンテナンスが要らず、周囲に拡散するにおいも極めて少ないなど、プルームテックならではのメリットがあります。

 

プルームテックたばこカプセルは余る?

前書きにも記しましたが、たばこカプセルは、1本で約50パフ分(1パフ=1回吸引)が使用できます。

それに対して、水蒸気を出すカートリッジは1本で約250パフが使用できるので「たばこカプセル5本をカートリッジ1本でまかなえる」設定になっています。

プルームテックは50パフに達すると、バッテリー先端のLEDが青く点滅してたばこカプセルの交換を知らせてくれます。

バージョンアップしたものは40秒間の点滅しますが、旧型は12回の点滅でお知らせが終了してしまいます。

これを見逃してしまうと、たばこカプセルはもう使い切った状態でも、カートリッジはそのまま使い続けることになるので、結果たばこカプセルが余ることになります。

カプセルを余らせないようにするためには、今のところLEDの点滅に注意を払うことくらいしかありません。

また、もし互換バッテリーを使用している場合、ごく一部の互換バッテリー以外は「交換お知らせ機能」自体がついていないので、ますますたばこカプセルの交換時期を逃しやすくなります。

この場合のたばこカプセルの交換時期は「味わいが薄くなった」などのたばこベイパーの変化で判断するしかなく、どうしてもカプセルが余りがちになってしまいます。

たばこカプセル単独では、たばこベイパーを発生させることができませんから、余ったものは通常、処分するよりほかないのです。

 

たばこカプセルを再利用する方法

しかしこの余ったたばこカプセルを何とか再利用できないかと、考えた方が何人もいらっしゃいます。

そのアイディアを以下にご紹介します。

 

1.「電子禁煙パイポ」にたばこカプセルを装着して吸う

まさに裏技ですが、禁煙パイポの吸い口にたばこカプセルを装着すれば、吸引が可能となります。

たばこカプセルはそのままでは装着できませんので、禁煙パイポについてくる「蓋のゴムキャップ」と、プルームテックのカートリッジについてくる「保護キャップ」を駆使します。

たばこカプセルの「吸い口とは逆側」を禁煙パイポの「蓋のゴムキャップ」に差し込んでから、ゴムキャップの底面をはさみでカットします。

その後で「カートリッジの保護キャップ」を蓋のゴムキャップ部分にかぶせて、こちらの底面もはさみでカットしたら、ちょうど禁煙パイポにセッティングできるようになります。

充電した禁煙パイポにリキッドを入れ、上記の細工をしたたばこカプセルを吸い口に装着すれば、あとは禁煙パイポと同様の操作で吸うことができます。




 

2.「VAPE」の吸い口にたばこカプセルを装着して吸う

VAPE(ベイプ)は多くの種類がありますが、基本的にはバッテリーユニット+アトマイザーという簡単な構成で、バッテリーユニットからの電気でアトマイザー内のスチールウールやコットンにしみ込ませたリキッドを熱して気化させ、その水蒸気を吸引します。

この仕組みはプルームテックのバッテリー+カートリッジと同じですから、吸い口にたばこカプセルを装着すれば、吸引することができるという訳です。

吸い口とたばこカプセルは形状が合わないため、こちらも上記と同様に「細工」を行います。

使うものは「プルームテックのカートリッジの保護キャップ」をひとつ。

キャップの底面に十文字に切れ込みを入れ、たばこカプセルの「吸い口とは逆側」を切れ込みから押し込みます。

半分くらい押し込んだら、もともとのVAPEの吸い口にたばこカプセルを挿入したキャップを装着します。

あとはVAPEと同様に吸引します。

他にもたばこカプセルの側面にセロハンテープを巻き付けて太さを調整し、吸い口の代わりに取り付けて吸引する方法があります。

細工自体は簡単ですが、カプセルの底が熱で溶ける恐れがあるため、注意が必要です。

 

3.使い終えたカートリッジにリキッドを注入して使う

使い終えたプルームテックのカートリッジに、VAPE用のリキッドを注入して「再生」させて使う方法もあります。

ただ、カートリッジを分解しなければならないことや、注射器など注入用の道具を揃えなければならないこと、そしてリキッドを注入しすぎてバッテリーについてしまった場合、故障の原因に繋がりますので、あまりおすすめはできません。

 

まとめ

たばこカプセルが余ったとしても、以上のような方法を使えば使うことができます。

ただ、冒頭でも述べた通り、電子禁煙パイポもVAPEも本来とは違う使い方をするため、故障したら保証が効かなくなります。

お試しになる際はあくまでも自己責任においてということになりますので、その点は十分お気をつけくださいね。

プルームテック通販の最安値最新情報!【8月】サイト別の価格・値段は?
プルームテック通販の最安値最新情報!【8月】サイト別の価格・値段は?

  2017年8月15日更新 6月29日にプルームテックを取り扱っているJTは、東京の銀座・新宿に旗艦店を展開しました。 また、都内のPloomコラボショップが4店舗、たばこ販売店でも100 ...

続きを見る



知りたいキーワードを検索!

-PloomTECH(プルームテック), プルームテックのタバコカプセル

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.