glo(グロー)

glo(グロー)も受動喫煙防止法の対象に?室内で吸えないの?

投稿日:

電子タバコグロー受動喫煙法

今日本を騒がせている「受動喫煙防止法」。

現在は飲食店でも禁煙席が増えつつありますが、喫煙席と禁煙席の両方を設けている店もあります。

 

しかし、いくら席が分かれているからと言っても受動喫煙を完全に防ぐことはできません。

そのため受動喫煙防止法では飲食店での喫煙を全面的に禁止することが定められます。

もちろん対象となるのは従来のタバコですが、glo(グロー)などの電子タバコも対象になるのでしょうか?




 

・glo(グロー)も受動喫煙防止法の対象に?

電子タバコグローglo充電方法故障

グローは火を使わないため煙を発生しません。

またタールの発生も抑えられているので受動喫煙の危険性は低いと言えます。

 

しかし、受動喫煙防止法ではグローなどの電子タバコも対象となるようです。

というのもグローはネオスティックにタバコ葉が含まれており、タールは発生しにくいもののニコチンは発生します。

その部分が対象となる要因となっています。

 

しかしグローであっても禁煙席では使用しない方が良いので、受動喫煙防止法が制定されたとしてもあまり変わらないとも言えます。

さらに受動喫煙防止法自体がまだはっきりと決定したものではないため、しばらくは飲食店でも喫煙席であれば気にせず使えるでしょう。

 

・グローは室内で吸えないの?

もし受動喫煙防止法が制定され、グローも本格的に対象となってしまった場合、室内では吸えなくなるのでしょうか?

現状でも室内のほとんどは禁煙となっています。

デパートや駅でも昔は喫煙できましたが、現在では禁煙となっています。

そう考えれば受動喫煙防止法に関係なく室内ではグローも使えないということになります。

 

しかし自宅内などでは受動喫煙防止法も適用されないでしょうから、自宅で使用する分には心配いりません。

現在の喫煙に対する動きを考えれば、受動喫煙防止法によって大きく変わるのは喫煙席を設けている飲食店であり、それ以外の部分では大きな変更はないと言えるでしょう。

電子タバコのグロー禁煙
glo(グロー)は禁煙エリアで吸ってもいい?どこで吸える?カフェは?

近年話題となっているglo(グロー)。 タバコの欠点であった臭いや健康被害を取り除きつつも、タバコの満足感は損なわないように作られたグローですが、禁煙エリアでは使えるのでしょうか? 煙も全然出ないし、 ...

続きを見る

 

 

・まとめ

喫煙者には気になる受動喫煙防止法。

グローも対象となることは十分に考えられます。

しかしそれによってグローが使いにくくなることはなく、飲食店で少し使いにくくなる程度でしょう。

グローがタバコに置き換わっていくことには違いはないのではないでしょうか。

検索ワードを検索!

-glo(グロー)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.