glo(グロー)

電子タバコglo(グロー)のニコチン量は?通常の葉タバコとの違い・比較を検証!

投稿日:

今喫煙者の間で話題となっている電子タバコ。

世界的に展開されている電子タバコですが、日本でも様々なメーカーが電子タバコを出しています。

その1つがglo(グロー)です。

電子タバコグローglo最安値

グローは本体にヒートスティックを差し込むことで使えます。

そんなグローですが、喫煙者が気になるのはニコチン量でしょう。

今回はそんなグローのニコチン量をまとめました。


 

・glo(グロー)のニコチン量は?

タバコにはニコチンが含まれており、このニコチンの依存性が高いために禁煙が難しいものとなっているのです。

電子タバコは従来の葉タバコと比較すると、有害物質が90%もカットされています。

そのため、禁煙を目的にグローを使う人もいますが、ニコチン量で満足できなければ、禁煙を達成することも難しいでしょう。

では、グローのニコチン量は、一体どのくらいなのでしょうか?

グローに含まれているニコチン量は、公式発表で1mg~5mgの葉タバコと同等とされています。

葉タバコは5mgのものを吸っているという喫煙者も多いでしょうから、そう考えると満足度が劣ってしまうということもなさそうです。

電子タバコグローglo通販最安値
glo(グロー)の評判・口コミ・感想のレビューをまとめ!メリットデメリットは?

日本でも徐々に話題となっている電子タバコ。 国内で販売されている電子タバコは数多くありますが、その中でも代表的なものとしてglo(グロー)が挙げられます。 日本の電子タバコの一端を担っているグローです ...

続きを見る

 

・通常の葉タバコとの違い

電子タバコグローglo通販最安値

葉タバコとグローの違いは様々あります。

そもそも見た目が全くの別物なので、グローをタバコだとは思わない人も多くいます。

 

しかし、注目すべき違いは見た目などではなく、健康への被害の大きさです。

葉タバコは、タバコの先端に火をつけます。

そうすることでタバコの葉が燃えて煙が発生し、それを吸い込みます。

それに対してグローは、本体にヒートスティックをセットします。

ヒートスティックにもタバコの葉が含まれていますが、グローの場合は火ではなく電気で加熱します。

そのため、煙ではなく水蒸気が発生します。

ここにどのような違いがあるのか?

 

タバコにおける健康被害の原因は"タール"です。

タールは主にタバコの葉が燃える時に発生するものです。

つまり、グローではタバコの葉を燃やすわけではないため、タールの発生も抑えられるということです。

このことから、グローは従来の葉タバコと比較して有害物質を90%カットしていると言えるのです。


 

・glo(グロー)を手に入れるには?

電子タバコグローgloニコチン量通販

葉タバコと比較すると健康被害が少ないグロー。

どこで手に入れることができるのでしょうか?

実はグローを販売している実店舗が存在していますが、それは仙台にしかありません。

つまり、手に入れようと思えば仙台に行かなければならないということです。

 

しかし、仙台に住んでいない人でもグローを手に入れたいはず。

そんな時はネット通販での購入をおすすめします。

ここで注意しなければいけないのがスターターキットを買うという事。

グロー本体はもちろん、充電に必要なアダプタ類も付属しています。

もしグローを手に入れたいという場合には検討してみてください。

 

・まとめ

電子タバコの一つglo(グロー)。

葉タバコと比較すると見た目以上に、その仕組みが大きく違うことがわかります。

また、仕組みの違いから健康被害が抑えられることからも、人気になったことはうなずけます。

 

しかし、仙台でしか手に入れられないというのはデメリット。

ネットショップはそんなデメリットを解消してくれるためおすすめです。

禁煙を考えている方は、禁煙方法の選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

検索ワードを検索!

-glo(グロー)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.