PloomTECH(プルームテック) プルームテックの基本知識

プルームテックの新型とは?旧型との違いを比較!バージョンアップは味・大きさ変わる?

更新日:

プルームテック新型と旧型の違い

プルームテックはすぐに吸えほとんど臭いがない優れた次世代たばこでバージョンが2つあります。

発売当初の旧プルームテックと2016年10月に改良された新プルームテックです。

「旧型と新型のプルームテックはどう違うの?」と思いますよね。

今回はこの新旧二つのバージョンの違いを徹底的にまとめました。

プルームテック新型と旧型の違い

プルームテックは、専用のバッテリーに「カートリッジ」「たばこカプセル」を装着して使用します

バッテリーとしては特に新旧型に違いはないのですが、この「たばこカプセル」を交換するタイミングと動作が変わりました。

 

旧プルームテックではたばこカプセルの交換タイミングである、50回吸いこむ(50パフ)と12秒間、先端の青いLEDが点滅します。

パフとは「一回吸う」という意味の単位で、50パフは紙巻きタバコに換算すると約4本となります。

そして、1パフごとにバッテリー本体の青色LEDが点灯するようになっているのです。

「たばこカプセルの容量がもうほとんどない」時を迎えると、そのLEDが点滅して「たばこカプセルの交換」を知らせる仕組みになっているのです。

交換を逃したまま吸い続けると、当然ながらタバコらしい味が失われます。

 

このLEDは吸っているときは点灯している為、LEDの点滅だけだと見逃すユーザが多く交換タイミングがわかりにくいという問題がありました。

そこで新プルームテックにて、40回秒の点滅に変更されました。

また、新型ではこの点滅している間は蒸気が発生しないようになっている為、さらに交換のタイミングが分かりやすくなりました。

気になる臭いの違いの記事はコチラ。

アイコスキャップとは?色の種類、取り付け方、値段、販売場所に付いて

アイコス渋谷店が出来たり、新型アイコスの色が増えたりと何かと話題のアイコス。 そんなアイコスにキャップの単体の販売が開始しました。 どこで売っているかというとセブンイレブンです! 色もたくさんあるので ...

続きを見る

新旧のデザインは違う?

旧型と新型では以上の動作以外に表記に若干違いがあり、箱と本体の側面にM1.25と書いてあります。

その他のバッテリー持ちやデザインに関しては変更はありません。

見た目は非常に微妙な違いなのですが、使い勝手からいえば、待たないけど気づきにくいのが旧型で待つけれどもわかりやすいのが新型です。

それ以外の要素では特に着目する変化はないため初めて使う分にはどちらでもよろしいかと思います。

これが新旧ふたつのプルームテックのバージョンの違いです。

 

 

プルームテック新型の感想

私は新型のプルームテックを使用していますが、普通のたばこのように一本吸いきるというものではないです。

そのため、50パフのうちの途中で吸うのをやめて途中からまた吸い始めることができます。

ここで問題なのは交換タイミング直前に吸うのをやめて再開した時です。

 

吸ってすぐに40秒間吸えなくなるため交換タイミングはわかるのですが、ちょっと吸いたいタイミングですぐに交換タイミングになってしまうとしばし待たされるので好みがわかれるところです。

 

この交換タイミングの50パフというのは従来のたばこでいう4本分なので一度に50パフちょうど吸うということもなく何回かに分けて吸うため、交換を知らせるのに40秒間の停止は長すぎな感じもします。

吸いなれてくると味が薄くなったタイミングでたたばこカプセルを交換すればよいので旧バージョンのほうが使い勝手がよいかもしれません。

 

アイコスのように待つことなくすぐに吸い始められる点がプルームテックのいいところですが、それをわざわざ待つようにしてどうするといったところです。

その他の使いやすい電子タバコ

ここでは、プルームテック以外の値段も安く買いやすいおすすめ電子タバコを3種類ご紹介します。

 

EMILI(エミリ)

EMILIは、紙巻きタバコの箱と同等のサイズの、充電機能を持った「パワーバンクケース』を使って、手軽に持ち運びながら充電ができる電子タバコです。

ポケットに収まるケースはシンプルでスタイリッシュですから、どんなシーンにもマッチします。

充電したスティックにリキッド入りのアトマイザーを装着して使用しますが、そのリキッドも様々なフルーツ味やドリンク味、スイーツ味など女子にも喜ばれそうなラインナップです。

もちろんタバコ味やミント味もありますが、リキッドにはニコチン・タール、その他の有害物質が含まれていません。

 

eGo AIO(イーゴーエイアイオー)

eGo AIOは、バッテリーとアトマイザーが一体となった、オールインワンモデルの電子タバコです。

場所を取らずどこでもコンパクトに収まるのは嬉しいですね。

仕様は、EMILIと同種類のフレーバーのリキッドを上部から注入し、吸う仕組みです。

確実にリキッドをキープする構造になっており、気になるリキッド漏れの心配もありません。

なお、アトマイザーに取り付けられたトップキャップを回すと、エアフローで吸引量を調節することができたり、アトマイザーのLEDを7色の中から好きな色に変更できるなど、ちょっとしたカスタマイズが楽しめます。

 

 

PHANTOM SMOKE(ファントムスモーク)

こちらのPHANTOM SMOKEは、様々なHIPHOPアーティストとのコラボレーションで一躍有名になった使い捨てタイプの電子タバコです。

使い捨てなので、もちろん充電などの作業はなく、箱から取り出しそのまま吸うだけの手軽さです。

見た目もポップでファッショナブル、フレーバーもさわやか風味のフルーツ、トロピカルフルーツなどを中心に全16種類が揃っています。

 

まとめ

電子タバコは肝心の中身が使えなくなってしまったら、とたんに役に立たなくなりますから、プルームテックの「たばこカプセル」の交換時期がわかりやすくなった今回のバージョンアップは歓迎すべきものでしょう。

また、他の電子タバコをいろいろ試してみるのも、きっと楽しいと思いますよ。

ぜひ、あなたの好みに合う電子タバコを見つけられますように!



知りたいキーワードを検索!

-PloomTECH(プルームテック), プルームテックの基本知識

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.