PloomTECH(プルームテック)

プルームテックのタール含有量・ニコチン量は?健康に害は?アイコスや普通の煙草との比較

更新日:

 

プルームテックのタール含有量・ニコチン量は?健康に害は?アイコスや普通の煙草との比較

http://kinen.polaris-group.net/t

 

火を使わないため、紙巻きタバコよりもずっとタールやニコチンの発生が少ないと言われるプルームテック。

しかし、これらがヒトの身体にとって有害であることは、皆さんご存知ですよね。

 

果たしてプルームテックは、本当に健康に害がないと言えるのでしょうか

プルームテックより少し前に発売され、同様に人気を集めている電子タバコ「アイコス(iQOS)」とも比べましたので、ご覧下さい。

 

 


 

プルームテックのタールとニコチンは?健康への影響は?

 

プルームテックとアイコス比較

 

はじめにお話しておきますが、電子タバコ・加熱式タバコにはタールやニコチンの量を表示する義務がありません

したがって、プルームテックにどれくらいこれらが含まれているか、正確なことは申し上げられませんが、紙巻きタバコとの原理の違いから言って、どちらも相当量がカットされていることは確かです。

まずは、タールについてお話します。

 

プルームテック タール

タールは「有機物質の熱分解により発生する、粘り気のある黒褐色の油状液体」と定義されます。

簡単に言いますと、タバコでは「ヤニ」がそれにあたります。

 

紙巻きタバコではタバコ葉に含まれる有機物が燃えてタールが発生しますが、この時の燃焼温度は900℃を超すと言われます。

一方、プルームテックのような電子タバコは燃やすわけではないので、温度は300℃程度にしかならず、この温度の差がタール発生の大幅なカットに繋がっています。

iQOS(アイコス)のタール含有量を通常のたばこと比較しました。

  アイコス(iQOS)の名称として正しい呼び名は、「電子たばこ」ではなく、「ヒートスティック型たばこ」となります。 以前、アイコスの発がん量や体への危険性について記事を書きました。 今回は ...

続きを見る

 

 


 

プルームテック ニコチン

次にニコチンのお話ですが、葉タバコにはもともとニコチンが含まれているため、プルームテックの「たばこカプセル」も、水蒸気が当たればニコチンが発生します

しかしこちらも葉を燃やした時に比べたら、ほんの少量と言われています。

iQOS(アイコス)のニコチンの量を通常のたばこと比較しました。

  前回のタール含有量比較の記事でも紹介した通り、アイコスは加熱処理によりヒートスティックの温度を300度程度に抑え、燃焼により発生するタールなどの有害成分をおよそ9割カットすることに成功し ...

続きを見る

 

 

現に、プルームテックを吸ってみると、香りは紙巻きタバコに近いものの、味わいはかなりスッキリとし、メンソール系ではフルーツのような甘みも感じられるため「慣れるまで時間がかかる」方もいるようです。

このことからも、紙巻きタバコとは「似て非なるもの」ということがわかりますが、たとえ少量でもタールやニコチンが発生するということは、「全く健康状態には影響がないとは言えない」ことを覚えておいた方が良いでしょう。

iQOS(アイコス)の自分自身への危険性と、身体への害・影響を調べてみました!

  画像参照元:http://gigazine.net/   前回の記事で、アイコス(iQOS)の発がん性についてご紹介致しました。 ほぼ削減しているが、発がん性は0%ではないとい ...

続きを見る

 

 

アイコスとプルームテックの違いは?

 

プルームテックのタール含有量・ニコチン量は?健康に害は?アイコスや普通の煙草との比較

 

アイコスとは、2015年9月にフィリップ・モリス・ジャパンから発売された加熱式電子タバコです。

充電済みのホルダーに「ヒートスティック」と呼ばれる専用タバコを装着して、そのタバコ葉を直接蒸して蒸気を発生させる仕組みですので、プルームテックとは仕組み自体が異なっています

 

したがって味わいは紙巻きタバコに近く「ニコチン感」もプルームテックより重くなります。

また、アイコスはプルームテックとは異なり、吸い口が紙巻きで出来ているため「タバコを吸う感覚」が従来の紙巻きタバコと変わらないのも特徴です。

 

なお、プルームテックは吸うと自動的にスイッチが入って水蒸気が発生する仕組みのため、一度吸うのをやめても後でまた吸うことが出来ますが、アイコスはこのように「置いておく」ことができません。

つまり、アイコスの方がプルームテックよりも「紙巻きタバコに近い」加熱式電子タバコと言えるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

プルームテックとアイコスは、仕組みは違うものの同じ加熱式電子タバコに分類されます。

そして電子タバコは「パイプたばこ」として認可されているので、肺に水蒸気を入れるのではなく、口や鼻で香りや味わいを楽しむ「ふかし吸い」が基本となっています。

 

タールやニコチンが少量発生するのは、本文で述べた通りです。

身体への影響を気にするのなら、この吸い方を守り「吸いすぎに注意」することも必要でしょう。

 

検索ワードを検索!

-PloomTECH(プルームテック)

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.