お得情報

なぜプルームテックやアイコスは人気が出たのか?生産数が少ない訳!人気の理由ルーツ由来

更新日:

 

 

テックじゃないploomは人気がなかった?!

プルームテック会社 生産元

2016年3月に発売され、非常に高い人気で話題となったploomTECH(プルームテック)。

このプルームテックの発売は2016年ですが、実は以前にも発売されていました。

 

それが、2013年に発売されたploom(プルーム)です。

しかし、このプルームはあまり人気が出ずに、話題にもなりませんでした。

そんなプルームを改善して発売されたプルームテックが人気となった理由はどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

ploomTECHやIQOSが人気の理由

プルームテックはたばこ型デバイスですが、このほかにもiQOS(アイコス)というデバイスも発売されています。

プルームテックとアイコスは構造が少し違うため、味の感じ方にも違いがありますが、特徴としては同じです。

 

プルームテックとアイコスの特徴は、たばこのように使えて、なおかつたばこのデメリットを改善しているという点です。

この点が、喫煙者にとっての魅力となり、人気がでたのだと考えられます。

 

まずたばこのデメリットとして挙げられるのが、煙や匂い、灰です。

これらは周囲の人にも迷惑をかけてしまいます。

 

しかし、プルームテックもアイコスも火を使わないため、煙も灰も発生しません

匂いはかすかに発生する程度です。

 

また、たばこによる健康被害もデメリットの一つです。

喫煙者は肺がんになりやすい。副流煙で周囲の人の健康にも害が及ぶ。これがたばこの問題点です。

 

しかし、プルームテックとアイコスは火を使わない。つまり、たばこの葉を燃やしません。

そのため、健康被害の原因となるタールも発生しないので、健康に害が及ぶ可能性が非常に低くなったのです。

これによって、普通にたばこを吸うよりも喫煙しやすくなり、喫煙者にとってはうれしい商品となったのです。

 

 

ploomTECHの生産数が少ない訳

プルームテック部品最安値

プルームテックは2016年の3月1日に発売が開始されたものの、3月8日に発売が一時中止されました。

その後も予約をして、商品が届くのを待つという状態が続いています。

 

人気が高すぎるため、入手困難な商品となっているのです。

これほど人気のプルームテックですが、生産数が少ないのにはどのような理由があるのでしょうか?

考えられるポイントは2つです。

 

1つ目はアイコスの存在です。

プルームテック発売以前のアイコスの人気は非常に高いものでした。

そのため、アイコスを抑えて売り上げが伸びるという確証がなく、プルームテックの販売数を抑えたのではないでしょうか。

 

 

2つ目はパーツの問題です。

プルームテックはたばこ型デバイスであり、同様の形をした商品がないため、パーツはプルームテック専用に作る必要があります。

パーツが足りなくなれば、他の商品のパーツを流用するということができないため、予約数に対して生産数が間に合わなくなったことが考えられます。

 

いずれの理由にしても生産数が少ないことは事実であるため、すぐに手に入れたいという人は、楽天市場をはじめとしたネットショッピングなどでの購入をおすすめします。

 



検索ワードを検索!

-お得情報

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.