iQOS(アイコス)のタール含有量を通常のたばこと比較しました。

      2016/11/30

アイコス タール所有量

 

アイコス(iQOS)の名称として正しい呼び名は、「電子たばこ」ではなく、「ヒートスティック型たばこ」となります。

以前、アイコスの発がん量体への危険性について記事を書きました。

今回は、有害物質を9割以上も削減できているアイコスの気になるタール含有量について詳しく見ていきます。

リンク 11月30日更新!アイコスセット:楽天通販で購入出来るまとめはコチラ♪

画像参照元:http://be-homa.com/

 

 




 

アイコスのタール含有量!

 

そもそもタールって何?

 

アイコス タール 疑問

画像参照元:http://yosan-koka.com/

 

その疑問点から解決していきましょう。

 

タールとは、ニコチン以外の有害物質の総称の事を表しております(トルエン・一酸化炭素・ベンゼン・ホルムアルデヒド等)。

そして、アイコス自体には有害物質を9割以上削減でき、ニコチンを摂取するという特徴があります。

 

よく普通のたばこでタールは何ミリ?と気にされると思いますが、アイコスのヒートスティックにはこのタール表記が記載されておりません

なぜなら、タール表記をする必要がないほど、タールの削減に成功しているからなのです。

 

 




 

何故タールを9割以上削減できるのか?

 

アイコス タール 削減

画像参照元:http://no-self-enlightenment.hatenablog.com/

 

通常のたばこでしたら、800℃以上の熱で葉っぱに火をつけて吸います。その温度で葉っぱを燃やすと、有害物質が生じます。

しかし、アイコスは350℃の温度で加熱しますので、有害物質の量が極少になるというわけです。

この理由により、アイコスは通常のたばこの9割以上のタール削減に成功していると言えます。

 

リンク 11月30日更新!アイコスセット:楽天通販で購入出来るまとめはコチラ♪

 

 

 

↑オリジナルの名前を掘れるアイコス!詳しくはコチラ♪

 




 - アイコス 健康