iqos(アイコス) アイコスと健康

iQOS(アイコス)のタール含有量を通常のたばこと比較しました。

更新日:

アイコス タール所有量

 

 

2017年10月アイコスのタール量情報更新しました。

アイコス(iQOS)の名称として正しい呼び名は、「電子たばこ」ではなく、「ヒートスティック型たばこ」となります。

以前、アイコスの発がん量体への危険性について記事を書きました。

今回は、有害物質を9割以上も削減できているアイコスの気になるタール含有量について詳しく見ていきます。

画像参照元:http://be-homa.com/

 

 

 

アイコスのタール含有量!

 

そもそもタールって何?

 

アイコス タール 疑問

画像参照元:http://yosan-koka.com/

 

その疑問点から解決していきましょう。

 

タールとは、ニコチン以外の有害物質の総称の事を表しております(トルエン・一酸化炭素・ベンゼン・ホルムアルデヒド等)。

そして、アイコス自体には有害物質を9割以上削減でき、ニコチンを摂取するという特徴があります。

 

よく普通のたばこでタールは何ミリ?と気にされると思いますが、アイコスのヒートスティックにはこのタール表記が記載されておりません

なぜなら、タール表記をする必要がないほど、タールの削減に成功しているからなのです。

 

 

 

何故タールを9割以上削減できるのか?

 

アイコス タール 削減

画像参照元:http://no-self-enlightenment.hatenablog.com/

 

通常のたばこでしたら、800℃以上の熱で葉っぱに火をつけて吸います。その温度で葉っぱを燃やすと、有害物質が生じます。

しかし、アイコスは350℃の温度で加熱しますので、有害物質の量が極少になるというわけです。

iQOS(アイコス)のニコチンの量を通常のたばこと比較しました。

  前回のタール含有量比較の記事でも紹介した通り、アイコスは加熱処理によりヒートスティックの温度を300度程度に抑え、燃焼により発生するタールなどの有害成分をおよそ9割カットすることに成功しています。 ...

続きを見る

この理由により、アイコスは通常のたばこの9割以上のタール削減に成功していると言えます。

 



アイコスの最新・最安値情報をまとめています。
新型IQOS(アイコス)本体通販の価格・値段最安値!【11月】楽天・Amazon・ヤフーショッピング別!
新型IQOS(アイコス)本体通販の価格・値段最安値!【12月】楽天・Amazon・ヤフーショッピング別!

    新型アイコスが発売されてからすでに半年以上経過しました。 どの喫煙所でも、iqos(アイコス)を手に取っている人を見かけるようになりました。 また、新型アイコスの価格が安値になったことにより、 ...

続きを見る

アイコスは時期によって価格が大きくブレますので、しっかりと確認しておきたいですね。

 

まとめ

アイコスの発がん性ニュースなどでアイコスは健康に悪い!など騒がれていますが、結局普通のタバコよりはずっと電子タバコの方が健康には良いです。

高額ですが、自分の健康の為を思うならアイコスにした方がいいでしょう。

また最近アイコスの充電が面倒くさい、すぐ壊れるなんて話を聞きます。

最近、アイコスがすぐ壊れて3台目なんて人がたくさんいます。

アイコスが頻繁に故障する、充電が面倒くさいといった方にアイコスの互換機「アイバディ」がめちゃくちゃ便利と人気急上昇中です。


アイバディの最安値はこちら

iBuddyアイバディとは?特徴と最安値価格/アイコスとグロー互換電子たばこ/コンビニのヒートスティックが使える?

  コンビニで売っているアイコスの葉たばこが、そのまま使えるiBuddy(アイバディ)という電子たばこが話題になっています。 なぜiBuddy(アイバディ)が人気かというと、アイコスはすぐに壊れやすか ...

続きを見る



知りたいキーワードを検索!

-iqos(アイコス), アイコスと健康

Copyright© アイコス屋さん , 2017 AllRights Reserved.